bihaku-cosme

シミウスの成分はどんな効果があるの?

コスメにはいつもアンテナ張ってる私。

bihaku-cosme

ホワイトニングと、アンチエイジング一緒にできないんでしょうか?しかも簡単に!

あっ!簡単にって言うのは、簡単に効果が出るということではなく(そんな化粧品があればいいんですが)要するに、ライン使いではなく、オールインワン化粧品で!ってことです。

そんな私のもとに情報が届きました。

その名も「シミウス」(笑) 笑い事ではないです。端的に製品を表した名前ですね。

でも「SIMIUS」って書くと、イケてる~!って思います。

そんな「シミウス」公式サイト見て、興味がわきました。

私がいつも気にしているのは、女性雑誌、美容雑誌などに掲載されているかどうか?なんです。


やはり評判が良いと、メディアに載るので、いつもここに注目しています。

シミウスの成分分析と効果

 プラセンタエキス
 シコンエキス
 コラーゲン

 美白成分の「プラセンタエキス」を使っています。 

プラセンタエキスは、豚や馬の胎盤から摂れるエキスで、アミノ酸、ミネラル、ビタミン等、人間の生命を維持するのに必要な栄養素がたくさん含まれています。
だから自然治癒力があるとされています。シミの抑制や、血行促進、活性酸素の除去などの作用が確認されています。
その他、基礎代謝を上げ自律神経のバランスを整え抗炎症作用も確認されています。

このプラセンタエキスの中にも「コラーゲン」や「ヒアルロン酸」が含まれています。
おなじみの美容成分ですね。

美白成分はどこから来るかというと、胎盤です。胎盤は対所に栄養を与え、代謝を促進する働きがあります。
つまり、毛細血管の血流を良くしその結果肌の新陳代謝を促進します。

新陳代謝ということはターンオーバーを促進するということですね。 だから古いメラニンがはがれおちるのを助けて、新しい肌成分を作っていきます。 これが美白効果ですね。

またターンオーバーを助けるということは、みずみずしい肌を作って行くということで、アンチエイジングにも一役買うわけです。

早速「シミウス」注文してみました。通常4,743円が、20%OFFの、3,795円(税抜)というお試しコースで。(これは後で良く説明します)

 シコンエキスは「紫根エキス」と書きます。
これも昔から美白作用があると言われています。

プラセンタエキスとシコンエキスで美白作用

プラセンタエキスとコラーゲンで、保湿、つまりはアンチエイジング作用。

両方を、オールインワンゲルで手に入れるって、こんな簡単な方法は無いです。

ラインで揃えるより、1か月4,000円ほどで、スキンケア。

お試しコースというのは、最初から1か月ごとの定期購入にして申し込むといういことです。定期購入だと3,795円(税抜)これで納得できなければ、定期購入をキャンセルすればよいのです。 1回だけで、キャンセルできます。もちろんキャンセル料かかりません。

もちろん良かったら、そのまま定期購入してください。

このお試し購入のやり方は、公式サイトで言っています。安心して定期購入でお試しください。

また、30日間全額返金保証も有ります。返金してくれるんですよ。

シミウスをお試し購入してみました。

注文して、3日で宅配便できました。

 まずは挨拶状(これがなんと、手書きなんです。「吉野様」が一人一人に書いているのですね。

 本製品に、マスクパック3枚セット。

 お手入れガイドの小冊子⇒効果を早めるためのマッサージの亜仕方が書いてあります。オールインワンなので、マッサージするくらいの時間はあります。(朝晩、各3分間)

 お買い物ガイド。購入して、ある金額になるとランクアップ。最大8%まで割引になります。ファンケル ビューティーブーケ お試しも検討したのですが、この値段の安さに惹かれました。

「シミウス」は薄紫色の透明のジェル状です。この色はシコンエキス(紫根エキス)の色だと思います。
クリーム状に比べてジェル状の化粧品は伸びも良くて塗りやすいですね。
ちょっとべたつきがありますが(ジェル化粧品の宿命です)、マッサージしていると、すぐに浸透していきます。サラサラになります

 

臭いはありません

塗ってみると肌が柔らかくなって、弾力と張りが出てきます。
アンチエイジングには問題なさそうです。

美白は?もう少し様子見てみないとわかりません。

追記:1か月使ってみて…24日で無くなりました(笑)ちょっと1回分がつけすぎたのでしょうか?
もしかしたら、しっとり感が足りないので、気持ち余計につけたかな?って感じです。

次はもう少し少なめに^^

まず、くすみがなくなったと思います。メリハリがついたというか、良く言うワントーン明るくなった感があります。

また、全体的にに顔が引き締まってきました。だから少し、ほうれい線が薄くなった気がします。これだけで若く見えます。

実際ほうれい線を、両手人差し指で隠して鏡を見ると、10歳以上若く見えます。 いかにほうれい線が老けて見えるかわかりますね

保湿と美白のしかもオールインワン。スキンケアがとても楽だし、コスパも良いですね。

bihaku-cosme

ハイドロキノン配合コスメで透明感のある肌を目指す!

bihaku-cosme

白化粧品には「ハイドロキノン」を使っている化粧品が多いです。
他の美白成分より、優れている点があるからです。

たくさんのハイドロキノン配合の化粧品がある中、人気の2つの化粧品を取り上げます。
トライアルセットもあって、試してから本製品を購入できる利点があるからです。

ホワイトニングケアにはハイドロキノンが使われています。
ただ、このハイドロキノンは、欠点があります。

 濃度が高いと、肌に刺激がある。
 酸化しやすいので、持ちが悪い。
 肌に浸透しづらい

でも、肌の専門家がそこの所しっかり研究して、刺激や酸化に対応し、ケアできる美白化粧品がこの2つの化粧品です。

ハイドロキノン配合の化粧品は、人気を2分する「ビーグレン」と「アンプルール」です。

リピート率が98.5%というリピート率のビーグレン

医学会が認定したテクノロジー「「QuSome®」(2016年10月13日 日本先端医療医学会認定(Charged Qusome)

何を使っても効果を感じない方がたどりつくのが「ビーグレン」

ハイドロキノンで悩みを解消しましょう。

公式サイトご覧になるのが早いのですが、簡単に説明します。

 ハイドロキノンは紫外線をブロック
 紫外線トラブルに働きかけてくれます
 トラブルの原因に働きかけてくれます。

この問題点を、ビーグレンだけの特許「QuSome」が解決します。

・QuSome(キューソーム)

肌に刺激を感じず、肌バリアを通過して角層の奥まで成分(ハイドロキノン)が浸透します。
それは髪の毛の太さの1/500サイズのカプセルに成分を包み込みます。
極小カプセルなので、肌の奥まで浸透することができ、長時間とどまり、効果を持続させる働きがあります。

ホワイトニング、トライアルセットは5ステップの化粧品です。

ホワイトニング、トライアルセットは5ステップの化粧品です。

クレイウォッシュ(洗顔剤):これ使い心地が良いです。泡立ての洗顔料ではありません^^泥っぽいです。でも使い心地は感動ものです。

QuSomeローション(化粧水):潤いの化粧水です。

Cセラム(美容液):この「Cセラム」もビーグレンの売りです。高濃度のビタミンCが、は札に吸い込まれていきます。

QuSomeホワイトクリーム1.9(夜用クリーム):ハイドロキノン配合の夜用クリームです。

QuSome モイスチャー リッチクリーム(クリーム):紫外線トラブルに働きかけます。

「ホワイトニング、ビーグレン」をつい買ったレビューなど、「ビーグレン」とは?知りたい方は、公式サイトもいいかも!

ビーグレンは、雑誌にもたくさん取り上げられています。これは安心?

今あるシミにアンプルール!「シミにグッバイ」

肌の専門家、高瀬聡子氏が開発した美白化粧品です。

マイクロカプセルで、新安定型ハイドロキノンを包み、時間差でメラニンを攻撃します。

肌への刺激対策:
新安定ハイドロキノンをマイクロカプセル化し、損踏力とそのスピードをコントロールしながら、メラニンまで運びます。
時間差で、一気に肌に触れないようにしているために、肌刺激も提言しています。

「ハイドロキノン」
は「アルブチン」などの美白成分の10~100倍の効果があると言われています。

しかし、「刺激」「酸化」「浸透」などの不安定な状態を安定化し、お肌の刺激も少ない画期的な成分が、この「新安定型ハイドロキノン」です。

「ハイドロキノン」は強い!というイメージがありますが、天然で身近の、「イチゴ類」「麦芽」「紅茶」などにも含まれているそうです。

アンプルールには2つの美容液があり、「夜専用ケア」の「ラグジュアリーホワイト コンセートレートHQ110」と「朝・夜ケア」の「ラグジュアリーホワイト 薬用アクティブフォーミュラⅡ」があり、顔全体を24時間徹底美白!で、透明肌に持って行きます。

「ラグジュアリーホワイト 薬用アクティブフォーミュラⅡ」は、2014~2016年、3年連続の、モンドセレクション金賞を受賞しています。

メディアの露出900回以上も掲載されているそうです。

さああなたはどっち!

bihaku-cosme

メイクの工夫!そばかすを上手に消す方法

そばかす美人!と言われることも有りますが、やはり白い肌にはあこがれるもの。手っ取り早くそばかすをメイクで消す方法を伝授します。
まあ、使ってるものは、コンシーラーファンデーション、が主役ですね。5人のメイクの仕方、微妙に違うので、参考にしてください。 そして最後にこんな方法は?!

そばかすを簡単にメイクで目立たなくする方法

そばかすは、左右の頬に淡い褐色や黒褐色の斑点ができるもので、遺伝によってできると考えられています
特に、色白の人にできることが多く、紫外線を浴びるとそばかすが濃くなることがあります。

通常、そばかすは放置していても問題はありませんが、顔の中でも目立つ部分にできるため、コンプレックスに感じている人も少なくありません。

できてしまったそばかすは、皮膚科や美容外科などで薄くすることは可能ですが、皮膚科での治療は、疾患があることを前提に治療を行っていくため、必ずしも肌がきれいになるとは限りません。

また、美容皮膚科や美容外科などの治療は、そばかすを消して肌をきれいにすることは可能ですが、自由診療となるため、費用が高額になる場合があります。

こういったクリニックでの治療には抵抗があるという場合には、メイクでそばかすを目立たなくさせるという方法も効果的です。

よくそばかすを隠そうとしてファンデーションを厚く塗ってしまう人がいますが、そばかすを隠すことができても厚化粧となり、ナチュラルな印象を与えることができません。

自然にそばかすを目立たなくさせるには、コントロールカラーを使用して、肌の色ムラをカバーし、ハイライトで影をとばすことで、厚化粧になることなくそばかすを目立たなくすることができます。

また、コンシーラーを使用する場合には、肌の自分の肌よりも明るいものを選んでしまうと、目立ってしまい逆効果となってしまいますから、肌の色よりも少し暗めの色を選ぶようにしましょう。

ただ、場所によってそばかすの色は異なりますから、複数の色のコンシーラーを持っておくと便利です。

ファンデーションがパウダータイプの場合には、コンシーラーを先に使用し、リキッドタイプのファンデーションの場合には、ファンデーションの後にコンシーラーを使用するなど、メイクの手順は異なります。

パウダー系のファンデーションの場合の使い方は、化粧下地を塗った後、コンシーラーを指にとり、そばかすの上にのせていきます。
この際、そばかすよりも一回り大きめに塗るのがポイントです。

次に、コンシーラーの周りを優しくぼかしていき、その後でファンデーションを顔全体に塗っていきます。

リキッド系のファンデーションの場合には、全体にファンデーションを塗った後、指でコンシーラーをのせていき、周りをぼかしていきます。
この後、フェイスパウダーで仕上げることで、全体のムラがなくなりそばかすが目立たなくなります。

ばかすはコンシーラーやリキッドファンデーションで

そばかすを消すメイクの方法は、コンシーラーでそばかすを目立たなくしてしまう方法があります。
また、そばかすの上から、リキッドファンデーションを厚く塗ると、目立たなくなります。

一番すごいのは、リキッドファンデーションをそばかすの上に塗り、その上から、コンシーラーを塗ると、良いです
厚塗りになるかも?と思われがちですが、ぜんぜんそんなことは、無いんですよ。

また、春や夏には、日焼け止めを下地に塗ることで、そばかすを目立たなくすることが出来るんですよ。
日焼け止めは、一年中使えますが、春や夏の汗をかく時期に、下地に使うとそばかすを目立たなく出来ます。

いまは、素晴らしい日焼け止めがたくさん出ていますから、これを利用しない手はないですね。
とくに、日焼け止めを下地に塗った後にリキッドファンデーションを塗りさらにそばかすの所へ、コンシーラーを塗るとそばかすが目立たなくなります

そばかすを目立たなくするには、肌に近い色のリキッドファンデーションが、良いと思います。

たとえば、肌が白い方は、白めのリキッドファンデーションを、肌が黒めの方は、黒めのリキッドファンデーションを、利用すると良いでしょう。

また、コンシーラーも、自分の肌に近い色のものを利用するのを、オススメいたします。
コンシーラーを、利用すると、そばかすだけでなく、ほくろや、肌のくすみなども、消すことが出来ます。

まずは、日焼け止めを塗って、そばかすを目立たなくしてから、お肌の色に近い、リキッドファンデーションを塗り、さらにそばかすの上に、コンシーラーを塗りましょう。

これで、化粧品でのそばかすを目立たなくする方法は、ばっちりです。

また、マッサージでそばかすを目立たなくすることも出来ます。

お顔全体をクリームなどを塗ってから、よくマッサージします。
すると、そばかすの色素沈着が、やわらいでそばかすを目立たなくすることが、出来るんです。
マッサージは、両手で、お顔全体をくまなくマッサージしてみてください。

そばかすを目立たなくする、お顔のマッサージは、朝、洗顔の後や、夜、寝る前などが効果的です。

マッサージは、身体の血流をよくするので、そばかすには、効果がかなりあるでしょう。

マッサージをする時は、そばかすの辺りを入念に、また、クリームなどを使ってくださいね。
そばかすを目立たなくするには、お顔の血流をよくするマッサージは、かなり効きますよ。

マッサージは、お風呂の中でも効果的です。
是非、やってみてくださいね。

そばかすを目立たなくするメイク方法

bihaku-cosme

そばかすが多く、友人からよくそばかすが多いねと昔からよく言われていました。
それがたまらなく嫌で、メイクをする時にはそばかすを分からなくするように工夫をするようになりました。

もちろんそばかす自体を消す事が出来たらいいのですが、現実問題いろいろと試してみましたが出来てしまったそばかすを消すのは無理でした。

それから消せないのなら、隠そうとまずはファンデーションをクリームタイプの物に変えました。
ファンデーションの中でクリームタイプの物が、時間が経ってもメイクが崩れにくいので、時間が経ってメイクが崩れてそばかすが目立ってくる心配がありません。

ファンデーションの色選びもそばかすを隠すうえでは、重要で自分の肌に合った色のファンデーションを選ばないと肌に透明感を与える事が出来なくなってしまいます。
ファンデーションを塗った後に、コンシーラーを使っていますが、私のそばかすは範囲が広いのでクリームタイプのコンシーラーを使っています。

最初はスティックタイプのコンシーラーを使っていましたが、そばかすの範囲が広くステックタイプだと浮いてしまう感じがありクリームタイプにしました。
コンシーラーを使い始めた頃には、塗り方が下手だったせいか塗った部分が浮いてしまう事が多く何度もやり直していました。

今では、コンシーラーの塗り方も分かって来て少量を少しずつそばかすの部分に塗って自然な感じでカバー出来るようになりました。

ばかす隠すメイクで一番難しいのは、このそばかすの上にコンシーラーを塗って行く塗り方だと思います。
最初は、そばかすを隠したい一心でどうしても厚塗りになってしまいがちです。

しかしそれでは、そばかすは隠してもコンシーラーの部分が浮き出てしまい不自然になってしまいます。
何度か試しているうちに加減が分かって来ますから、失敗しても練習あるのみだと実感しました。

コンシーラーつけ比べ!

コンシーラーは、色の選び方も大事で自分のそばかすより少し暗めの色を選ぶ事で、自然な感じになります。

その後に肌の色を明るく見せるために、コントロールカラーを使って自然な感じにしています。

コントロールカラーは、顔を明るく見せるためにピンクのコントロールカラーを使用しています。
その後にフェイズパウダーを使い、余分なパウダーを落してから顔に塗って行きます。

最後は、チークを入れて顔のコントラストを付ける事で顔の色が明るくなり透明感がを出します。
そばかすを隠すには、全てを薄く塗って自然な感じで隠す事が一番のポイントです。

THREE(スリー)  コレクティング コンシーラー (#01) 

このメイクでそばかすが目立たなくなる

鼻の付け根辺りを中心に目の下周辺から頬の中ほどにかけて、紅茶の茶葉を散らしたようなそばかすがあります。

私は地肌の色が白いため、そばかすが余計目立って見えるので子どもの時は気になっていました。
中学生頃から雑誌などでメイクの方法を覚え始めた時、一番最初に覚えたのがそばかすの隠し方です。

最初は自分の肌色に合ったコンシーラーやファンデーションもよく分からず、いざ使ってみても厚塗りしすぎて不自然な質感の肌になってしまったりしましたが今は自分なりにそばかすの目立たなくなるベースメイク方法を見つけました。

準備するのはコンシーラーファンデーション、頬の赤みを消す為にコントロールカラー、そしてフェイスパウダーです。私はファンデーション・コンシーラー共にクリームタイプを使っています。

またそばかすを隠したい場合、最も大事なのが使用する化粧品の色選びになります。肌の色と隠したいそばかすの濃さは人によって違うので必ず自分の目で色を確認して選びましょう。

目安としてコンシーラーは自分の肌やファンデーションより少しだけ暗めの色をチョイスすると仕上がりの違和感が出にくくなります。つい明るい色の物を選びたくなりますが、そうすると不自然な仕上がりになってしまいがちなので気をつけましょう。

またコンシーラーはクリームやリキッド、スティックなどの形状がありますがそばかすは隠したい範囲が広いですからクリームタイプが使いやすいでしょう。ただそばかすの出ている範囲や濃さによってはスティックタイプの方が使いやすく、よくカバーできる事もあるので自分に合ったアイテムを見つけてください。

化粧下地とコントロールカラーで肌を整えたらファンデーションを顔全体に均一に伸ばして馴染ませます

そしてここから重要なポイントがコンシーラーを直接肌に塗らないことです。

クリームタイプのコンシーラーを一旦手の甲に出したらチップやメイクブラシで取り、そばかすが気になる部分にとんとんと乗せていきます。厚塗りは厳禁、ナチュラルさを目指します。乗せたら指で叩くようにして肌と馴染ませます。最後にフェイスパウダーをブラシで顔全体に乗せれば完成、そばかすは大分目立たなくなるはずです。

フェイスパウダーは使うと時間によるメイクのヨレやくすみが減るのでコンシーラーを使うなら必ず使うようにしてください。

もしそばかすの濃さが顔の部位によって違うという方は複数の色が入っているパレットのコンシーラーがおすすめです。

そばかすを消すメイク法と注意点

そばかすが出来てしまうと一気に年齢が出てしまいますよね。また、そばかすがあると老けて見えてしまうので女性としては隠したいところではないでしょうか。では、そばかすを消すメイク法を紹介したいと思います。

まず、一番簡単に消すのはコンシーラーでソバカスを消す事です。ソバカスがポイントで出来てしまっている場合に消す定番のアイテムですね。

塗るポイントは自分の肌よりも少し濃い色のコンシーラーを使うことです。そうする事でソバカスがしっかりとカバーできるので自分のお肌に合わせてコンシーラーを使ってくださいね。

また、一度に濃く塗り過ぎないように注意が必要です。少量ずつ何度か塗ることでカバー力が高くなり、自然な仕上がりになります。一度に多く使用するとムラが出来て不自然になってしまうので、少量ずつのせて、丁寧にぼかす事が上手にソバカスを隠すコツです。

そして、広範囲に出来たソバカスを消すにはファンデーションがおすすめです。ファンデーションはリキッドタイプでしっかりとカバーしましょう。

やり方はそばかすが気になる部分にリキッドをファンデーションをのせていきます。そして、顔の内側から外側に向かってのばしなじませていきます。

このときのポイント気になる部分には気持ち大きめにリキッドを伸ばすようにしていくと良いです。

そして、仕上げはパウダーファンデーションを使うと自然な仕上がりになります。ただ、あまり濃くつけてしまうと厚塗りになってしまうので、うっすらと軽くつける事が自然に化粧が出来る秘訣です。濃くならないようにつけすぎないようにしてくださいね。

そして、最後はコントロールカラーで消す方法を紹介します。

付け方はまずはパール1粒程度のコントロールカラーを手の甲に出してください。多すぎると化粧がよれてしまうので、適量につけるのがポイントです。

そして、そばかすが気になる部分に手でコントロールカラーをなじませます。そして、人差し指、中指、薬指を使ってスポンジでコントロールカラーを伸ばしていくと良いでしょう。このときも厚塗りにならないように薄く塗ることで化粧が自然な仕上がりになります。

このように、ソバカスをメイクで隠す方法を紹介しました。ソバカスを消す化粧品はただつけるだけではなく、自然に仕上げるために工夫が必要です。薄すぎてもカバーしきれないし、濃すぎても厚塗りで不自然になってしまうので、上手にコントロールしてそばかすを隠してくださいね。塗りすぎてもファンケル クレンジング マツエクも大丈夫のマイクレがありますよ。

そばかすをメイクで厚塗りにしたくない人は?

そばかすケア用の今注目のオールインワン化粧品「フレキュレル」美白クリーム

人気があって、生産が追い付かないようです。
厚塗りメイクから卒業できます^^  寝ている間に・・・

雑誌にもたくさん紹介されています。

気になる方は、公式サイトへ!「今注文するとプレゼント付きです

bihaku-cosme

美白化粧品(ビーグレン)の機能をまとめてみました!

テレビCMやコスメ雑誌にはあまり登場しないのに、口コミではとにかく評判が良いビーグレン。“史上最強の美白成分”といわれるハイドロキノンや、高濃度のビタミンCを配合したという「ビーグレン ホワイトケアトライアルセット」(ビーグレンの美白化粧品)の使い心地をレビューします。

ビーグレン 美白化粧品の特徴は?

美白化粧品をいろいろ使ってきたけど、シミが薄くならない。もう化粧品ジプシーに疲れてしまった…。そんな中で「今度こそシミをなんとかしたい」という思いでビーグレンに辿り着くという人も少なくありません。

あちこちの口コミサイトで「シミが消えた」「くすみがなくなって顔色が明るくなった」などという声が聞かれるビーグレン。他の美白化粧品と、一体どこが違うのでしょうか?
美白化粧品について少し調べてみると、シミへの対処法が化粧品によって違うということが分かりました。

多くの美白化粧品は、シミを予防するための製品であって、今あるシミを薄くする製品ではありませんでした。予防するための製品で、すでに出来てしまったシミをなんとかしようと思っても、難しいのは当然ですね。

ビーグレンの美白ケアは、今あるシミを薄くするための製品。だからこそ、使い続けることで長年の悩みだったシミに働きかけ、「シミが消えた!」という口コミにつながっているようです。

シミを薄くするためには、濃くなったメラニンを薄くする成分が必要です。その成分としてビーグレンが注目したのが「ハイドロキノン」。“史上最強の美白成分”ともいわれ、美白化粧品では大注目の成分です。

ハイドロキノンはメラニンの生成を抑えて、シミやそばかすを防ぐだけでなく、今あるシミを薄くしてくれます。

でも、ハイドロキノンはその素晴らしい効果の一方で、実はとても扱いづらい成分でした。

肌に浸透しづらい性質や、酸化しやすく安定性が悪かったり、高濃度で配合すると刺激が強かったりという難点があり、なかなか実用化が難しかったようです。

そんな弱点を、ビーグレンは独自の浸透テクノロジーで解決しました。

この浸透テクノロジーこそが「ビーグレンは美白に効く!」と多くの口コミで噂される所以です。

独自の浸透テクノロジー「QuSome(キューソーム)」によって皮脂に近い成分でコーティングされたハイドロキノンは、皮脂を通過して肌トラブルの元にまで届くようになりました。
そのため、使い続けていくことで、わたしたちを悩ませるシミを徐々に消してくれるというわけですね。

ビーグレン 美白化粧品 レビュー トライアルを買ってみた!

bihaku-cosme

「善は急げ!」というわけで、早速インターネットで、送料無料の「ビーグレン ホワイトケア トライアルセット」を注文しました。

すぐに受付完了メールが届き、翌日には発送完了メールが。ほどなくして佐川急便で商品が届きました。

医療系コスメをイメージさせるシンプルな小箱に、ビーグレン製品カタログやニュースレター、詳しい使い方が書かれたお手入れの冊子などとともに、清潔感溢れるパッケージのトライアルセットが詰められていました。

汚れを落とす洗顔料、肌を潤す化粧水、肌を整える美容液、シミに働きかけるクリーム、保護するためのクリームという5つのアイテムを、早速その日の夜から使ってみることにしました。

ビーグレン クレイウォッシュ(薬用洗顔料)

「なにこれ!」とビックリしたのがこの洗顔料。一度説明書を読んだにも関わらず、いつもの習慣で泡たてネットを使うも、全く泡が出なくて悪戦苦闘。それもそのはず、“吸着洗顔”するこの洗顔料は、泡立てる必要がありません

クレイの泥っぽいイメージとは裏腹に、手のひらのうえでスルスルと伸びるテクスチャーを顏に馴染ませて二度びっくり

肌にぴったりと吸い付くように密着するのに抵抗がありません

洗い流すのにも余分な力がいらず、とにかく肌に優しいです。

小鼻や顎などのザラザラが気になる部分を、指先でクルクルと力を入れずにこすると、洗い上がりは肌がワントーン明るくなった感じ。何より泡洗顔の後のキュキュッとした突っ張り感が全くないことに感動! 洗い上がりはしっとりツルツルです。

他ではちょっと出会うことのない使い心地と洗い上がりは、初日からクセになります。今回はトライアルですが、この洗顔料はリピートしたいと思いました。とても気に入りました。また、似たような洗顔にファンケルもあります。気軽に買いたいなら、ファンケル 洗顔パウダー コンビニで買えますよ。

ビーグレン QuSomeローション(化粧水)

化粧水は無色透明で無臭、一切クセがありません。シャバシャバして流れ落ちてしまいそうなのに、手のひらで伸ばすとなんともいえない浸透感が出てくる不思議な化粧水です。
あんなにシャバシャバしていたのに、肌に乗せるとなぜこんなにも吸い込んでいくの?とちょっと驚くようなしっとり感があります。

一度の使用量は500円玉大。少しずつ両手でなじませて、顔全体を包み込むようにして重ねづけをしていくと、頬がだんだんふっくらと内側から押し戻してくるような感じになります。

トライアル期間中、時間がなくて少な目の量で短時間のお手入れしかできなかった翌朝は、かなりお肌が乾燥しました。時間をかけて、正しい量を使ってお肌と対話することで、うるおい効果が高まる化粧水です。くれぐれも手抜きにはご用心。

朝と夜にきちんとお手入れを続けると、一日中潤いが続きます。この化粧水のステップに手をかけることで、このあとのアイテムの効き方が違ってくるような気がしました。

ビーグレン Cセラム(美容液)

7.5%という高濃度のピュアビタミンCを配合したという、美白マニアなら垂涎の美容液。とにかくすごい濃度なので、日焼け対策は万全に。朝のお手入れに使ったあとには、必ず日焼け止め効果のあるファンデーションなどを使いましょう。

実際に使ってみると、このCセラムもなんだか面白い製品でした。100円玉大を手のひらにとって使いますが、面白いのはそのテクスチャー。「流れていっちゃう!」とちょっと慌てるくらいサラサラなのですが、パッと手のひらを合わせてなじませるとすぐに濃密なオイル状に変わります。

洗顔料、化粧水、美容液と、ここまで全てが初めてのテクスチャーで、驚きの連続です。さらに驚いたのが、このCセラム、使っているうちに少しずつ温感が出てくることです。
両手を合わせてなじませている時点で手のひらがじんわりと温かくなってきます。そこから時間をかけてじっくりと肌を押さえていると、徐々に顔全体がポカポカしてきて、次第に心もリラックスしていきます。

ビーグレン QuSomeホワイトクリーム1.9(クリーム)

お肌がしっかりと潤って、ポカポカと温まってきたところで、いよいよハイドロキノン配合の「QuSomeホワイトクリーム1.9」が登場です。使用量はパール1~2粒大。真っ白いきれいなクリームで、香りもなくとても使いやすいです。

高濃度のハイドロキノンは肌刺激が強いと聞いていたので、恐る恐る使いましたが、肌への刺激は全く感じられませんでした。これはビーグレン独自の浸透テクノロジー「QuSome(キューソーム)」のおかげですね。

トラブルの根元までハイドロキノン成分が届くというのをイメージしながら、特にシミが気になる部分に重ねづけして使ってみることにしました。

ビーグレン QuSomeモイスチャーリッチクリーム(クリーム)

お手入れの仕上げは、「QuSomeエイジリカバーコンプレックス」という独自技術で、お肌に現れた加齢のサインに働きかけるという濃密なクリームです。

見た目は先ほどのホワイトクリーム1.9とほとんど変わりませんが、パール1~2粒大を伸ばしてみると、こちらの方が数段濃厚です。
ぴったりと肌に吸い付くような使い心地で、お手入れが終わるころには頬にハリと弾力が戻ってきたような感じがして、満足感があります。

余談ですが、お手入れが終わったあとには手がテカテカになって、テレビのリモコンにも触れないくらいなので、しばらくは何もできません。

でも5分くらい経ってから触れる自分の肌は、ちょっと嬉しくなるくらいモチモチです。もちろん手もふっくらした印象に。

ビーグレンでのお手入れは、是非時間をかけて、余裕を持って行うのがおすすめです。時間をかけただけの見返りはありますから

ビーグレン 美白化粧品のトライアルセットの効果は?

シミへの効果という一点でいえば、当然ながら1週間のトライアル期間では目立った変化はありませんでした。ただ、一つ一つのアイテムの浸透力の高さと、お手入れ全体を通して感じた満足感は評価できると思います。

トライアルセットを使い終わるころ、明るい色の服を着て鏡に映ったときに、そういえば肌色が以前よりも明るくなっているかもと感じたことがありました。
お肌がくすんでいると、なんとなく明るい色が似合わないような気がして、ついつい黒っぽい色の服を選んでしまうことがありますが、自信を持って明るい色を選べるようになりました。

1週間のトライアル期間の最初の方で、忙しくていい加減なお手入れで寝てしまった翌朝、肌が乾燥していて反省し、そこから心を入れ替えてじっくり時間をかけてお手入れしたのが効いたのかもしれません。

シリーズが5アイテムあり、一つ一つのアイテムがパパッと肌に塗り拡げるだけでは効果が出づらいため、お手入れにはちょっと時間がかかります。
それでも朝晩、特に夜に一つずつゆっくりとステップを追いながらお手入れしていくのは、お肌にも心にも心地の良い時間でした。

ビーグレンのシリーズを使って毎日時間をかけて自分の肌と対話し、特に気になるシミの部分へ重ねづけをしながらお手入れを続けていけば、徐々にシミが薄くなっていくのではないかと期待できる製品です。

シミはお肌のターンオーバーを重ねるごとに薄くなっていくものなので、1週間やそこらで効果が出ないのは当然です。半年~1年くらいかけて、じっくり腰を据えてお手入れすることで、効果が出そうだなと感じました。

なんといっても、クレイウォッシュの気持ち良さは格別でした。お肌への負担がとても少なく、落とすものと残すものを見極めてなめらかに洗い上げてくれるので、シミ以外の肌トラブルがある人にもおすすめできるアイテムです。

もう一つCセラムの暖かさが気持ち良かったです。とてもリラックスできます。
肌が明るくなったのは、この「Cセラム」のおかげもあるのかもしれませんが、付け心地が良さを楽しむいうのは、ストレス解消にもなるし、心から・・・いや脳から、リラックスして、これもお肌に良いのではないかと思います。
肌のつやが出てきたのは、この「Cセラム」のおかげのような気がします。

だから、ホワイトニングは、この美容液とQuSomeホワイトクリーム1.9に頼ってみては?って思います。

とても評判の化粧品の訳は使い続けてみて分かるものだと思います。「QuSomeホワイトクリーム1.9」の実力も試してみてください。

トライアルセットで言えることは、「クレイウォッシュ」「Cセラム」「QuSomeホワイトクリーム1.9」はトライアルセットで試してみる価値ありますよ!

ビーグレン 美白化粧品のまとめ

1週間使ってみて、特に好感触だったのはクレイウォッシュとCセラムとQuSomeホワイトクリーム1.9でした。シリーズ全部を使うのがおすすめだとは思いますが、朝晩クレイウォッシュで洗顔して、Cセラムで、肌を明るくしていくのが良いです。透明感!って、感じるものなのですね。

後シミは、特に夜に重点的にQuSomeホワイトクリーム1.9でシミ対策をしてみるのも良いと思います。

ビーグレンのホワイティングシリーズを使ってみて、本製品を使ってみたくなる化粧品だと思いました。
さっそくリピートです。

bihaku-cosme

透明感のある美肌を目指す!

ハリのある健康的な肌や、透明感のある白い肌は、多くの女性の憧れです。美しい肌を作るためには、日々の食事に気を配ることと、美白成分の入った化粧品を使うことが大切です。どんなことに気をつければ良いのか、白い肌になる方法を栄養素や食事・化粧品の成分で調べてみました。

白い肌になる方法!まず必要な栄養素は?

健康的な美しい肌の人の生活週間に注目してみると、次のような特徴が見られます。
・質の良い睡眠を心がけている
・食事の質と内容に気を配っている
・適度な運動習慣がある
・ストレスとの付き合い方が上手

なかでも食事に関しては、美肌の人の食事を参考にして改善することができそうです。

美しく白い肌になるために、まずは食事で摂取できる栄養素の働きに注目したいと思います。

美肌作りの三本柱は「βカロテン」「タンパク質」「ビタミンC」

美しい肌を作るためには、様々な栄養素をバランスよく摂取することが大切です。なかでも美しい肌作りに欠かせない栄養素がこの3つです。

・βカロテン

抗酸化作用の高さが注目される栄養素。体
の中に入ると「ビタミンA」として働き、皮膚や粘膜を強くする働きがあります。肌荒れや老化予防に効果があり、肌の潤いを保つのに大切な成分です。

【βカロテンが豊富に含まれる食べ物】
鶏レバー、ウナギ、モロヘイヤ、ニンジン、カボチャ、春菊など

・タンパク質

皮膚や髪、爪など、体を作る材料になる大切な栄養素。ダイエット中に肌が荒れたりするのは、タンパク質不足による場合が少なくありません。
美肌といえばビタミン摂取と考えがちですが、肌そのものを作るタンパク質をしっかり摂取することが欠かせません。

【タンパク質が豊富に含まれる食べ物】
肉、魚、卵、乳製品(牛乳・チーズなど)

・ビタミンC

美白や保湿といえば「ビタミンC」。メラニン色素が作られるのを防止して、シミ予防の手助けをしてくれる栄養素です。
抗酸化作用の高さから、アンチエイジング効果も期待されています。
注意したいのは、まとめ摂りができないこと。必要以上に摂取すると、尿として体外に排出されてしまいます。日常的に少しずつ適量を摂取するようにしましょう。

【ビタミンCが豊富に含まれる食べ物】
パプリカ、菜の花、ブロッコリー、カリフラワー、ゴーヤ、ピーマンなど

白い肌に効果的な栄養素

「βカロテン」「タンパク質」「ビタミンC」は、肌作りに必要な三大栄養素。これに加えて、美白効果や抗酸化効果が期待できる栄養素を積極的に取り入れることで、白い肌への第一歩を踏み出せます。

ビタミンE

活性酸素を除去する働きがあるといわれている栄養素。皮膚の新陳代謝を高めて、ターンオーバーを促進してくれることから「若返りビタミン」とも呼ばれています。
【ビタミンEが豊富に含まれる食べ物】
ナッツ類、アボガド、エゴマなど

L-システイン

美白効果をうたうサプリメントなどに含まれている成分。メラニンの過剰生成を防ぎ、新陳代謝の働きを高めて、透明感のある肌に導きます。
【L-システインが豊富に含まれる食べ物】
大豆、小麦胚芽、ハチミツなど

リコピン

トマトの代名詞ともいえる栄養素。近年の研究で、メラニン生成抑制やコラーゲン生成の促進、日焼け予防、角質層状態の改善など、さまざまな美肌効果が見つかっています。
【リコピンが豊富に含まれる食べ物】
トマト、スイカ、柿、トマトケチャップなど

白い肌になるために摂りたい食事は?

bihaku-cosme

白い肌に必要な栄養素を摂るために、食事内容から見直してみませんか? ポイントは、1週間でできるだけ様々な種類の食材を食べること。いろんな食材から栄養素を取り入れましょう。

手軽にパスタで栄養摂取

【サーモンとアボカドのオイルパスタ】
サーモンは、美白効果と抗酸化力が高いアスタキサンチンを豊富に含む食材。美肌を目指す人には、是非積極的に食べてほしい食材です。またアボカドは、ビタミンCとビタミンEが豊富です。

美肌のための献立も、続けることができなければ意味がありません。手に入りやすいスモークサーモンと、火を入れなくても食べられるアボカドを使って作るのが、このメニューのポイントです。

<作り方>
パスタをゆで始めます。

サーモンとアボカドを適当な大きさに切ります。

調味液を混ぜます(オリーブオイル、バルサミコ酢やレモン汁、塩コショウ)

ゆでたパスタ具材をあえれば出来上がり。

パプリカやクリームチーズなどもよく合うので、冷蔵庫にあれば一緒にあえてみて。

セラミドは食事でも摂れる!

【ひじきとコンニャクの煮物】
セラミドは様々な食べ物にも含まれていることをご存知ですか? コンニャクやしらたきの他、ひじきや黒豆などの黒い色の食べ物にも含まれています。
そこでおすすめなのが、和食の定番「ひじきとコンニャクの煮物」です。日持ちするので常備でき、卵焼きに入れて焼いたり、ご飯に混ぜたり、日々の食事献立を彩ってくれる一品です。
ポイントはコンニャクを入れること。しらたきにもセラミドが含まれていますので、お好みで使い分けてみてください。

<作り方>
ひじきを戻して水気を切る

ニンジンやレンコン、油揚げなどがあれば小さめに切る

こんにゃくをゆでて細く切る

油をひいた鍋で材料を炒める

だしを加え、砂糖やしょうゆなどの調味料を加えて煮る。

美肌といえばコラーゲン

【手羽元のスープ煮】
良質のタンパク質やナイアシン、コラーゲンが豊富に含まれる食材として知られる鶏手羽元を使って、栄養素をまるごといただけるスープ煮にするのはいかがでしょうか。

βカロテンを含むニンジンや、ビタミンC豊富なブロッコリーなども一緒に煮て、スープに溶け出した栄養素まで余すところなくいただきましょう。

<作り方>
野菜を切る

鶏手羽元を焼き色がつくまで炒める

野菜を加えて炒める

コンソメスープ・ローリエを加えて、アクを取りながら煮込む

塩・こしょうで味を整えて出来上がり。

白い肌になるための化粧品選び

食生活が整うと、スキンケアの効果が出やすくなります。

白い肌になるためには、効果的な成分が含まれた化粧品を使うのが効果的。

化粧品を選ぶ上で、特に注目したい成分について調べてみました。

ハイドロキノン

近年大注目の美白成分、「ハイドロキノン」。シミの原因となるメラニンの生成を阻害し、メラニン色素を作り出す細胞そのものに働きかけます。

シミ予防にも効果的
ですが、なんといっても今あるシミを薄くする働きがあるというのが最大の特徴です。

セラミド

美白を目指すうえで大切なのが、保湿成分で肌の潤いを保つこと。
しっとりした肌づくりに効果的なのが「セラミド」の働きです。

美白効果のあるスキンケアアイテムと合わせて、セラミド配合のものを使うことで、ハリのある色白素肌へと導いていきます。

ビタミンC誘導体

メラニンの生成を抑え、細胞を活性化させて肌のターンオーバーを整えてくれます
活性酸素を抑制する作用もあり、メラニンが作られる過程に働きかけるため、シミだけでなく肌の老化自体を防ぐことも期待されています。

アルブチン

「ハイドロキノン」とブドウ糖が結合したものが「アルブチン」です。肌への刺激が比較的強いハイドロキノンに比べて、アルブチンは肌への刺激が少ないといわれています。

シミの元になるメラニンの発生を抑える働きもあるため、美白成分としてさまざまな美白美容液などに使われています。

シコンエキス(紫根エキス)

以前から美白の成分と言われていました。
ムラサキ草の根のことです。だから、化学成分ではなくオーガニックだということです。

やけど跡などの肌の修復の治療に使われていたんですね。
だから肌荒れに良いとされています。

また、「肌のターンオーバー」促進にも。
だから肌が、若返って美白に効果があると言われています。

たくさんの美白化粧品に使われています。
ファンケル エンリッチ お試しで使ってみましたが、良かったですよ。

人気の美白基礎化粧品

美白には、肌の漂白剤と言われている「ハイドロキノンが一番」
と聞くと怖い気がしますが、まず普通肌の方には、大丈夫な濃度です。
刺激も有りません。
万一、「効果がない」「刺激があった」って方は、365日の返金保証がありますから、まずはトライアルセットでお試しください。

刺激もなく、ハイドロキノン入りのクリームで、喜びの声が多数出ています。
実感したら、リピートです。(98.5%のリピート率)

ハイドロキノンピュアビタミンC配合で、リピート率が98.9%と言われている、

ビーグレン(b.glen)

ハイドロキノンで万一、刺激を感じた人、またはもともと敏感肌に方には、こちらの「サエル」がいいですね。
ポーラ・オルビスグループ「DECENCIA」の製品です。だから安心! とにかく「DECENCIA」の化粧品は売れまくっています。
使い心地が良いんですよ^^
敏感肌でも美白ができる!ヒト型ナノセラミドビタミンC誘導体 配合の、ディセンシア(ポーラ・オルビスグループ)のサエル

医学雑誌に掲載された「オールインワンジェル」の本格的で、楽なシミ対策化粧品
さらに、たくさんの女性雑誌にも掲載されています。 詳細は下記リンクから!

プラセンタエキスと、シコンエキス(紫根エキス)配合!

白い肌になるためのまとめ

美しい肌を作るためには、食生活を見直し、体の中から整えていくことで、スキンケア成分が効きやすい状態を作っていくことが大切です。

ファストフードやスナックは、手軽な一方でお肌にとって必要な栄養素がほとんど含まれていません。

高価なスキンケアアイテムを試すのであれば、一緒に食生活も見直してみませんか?

bihaku-cosme

透肌美活しませんか?ハイドロキノン配合のプラスキレイ

bihaku-cosme

プラスキレイで取り扱っているハイドロキノンクリームは、医療機関でも取り扱われる4%濃度のハイドロキノンが配合されています。

一般的に1~4%であればお肌に対する刺激や副作用の心配がなく、安全に使うことができる濃度だと言われており、一般の化粧品にも配合されている濃度になっています。一方4%以上になると高濃度なため、肌への刺激や副作用が起こりやすいとされています。

しかし、高濃度なハイドロキノンでも正しく使用していけば、シミを撃退するのにとても重宝するアイテムになります。

透肌美活 プラスキレイでは、4%という高い濃度での配合になっているため使い方に関する注意喚起が徹底されています。
ハイドロキノン配合の「プラスナノHQ」はピンポイントで使う化粧品です。

ハイドロキノン自体が熱・光・酸素に対して不安定な成分なため、開封後は冷暗所で保管し1ヶ月を目安に使い切るように呼びかけています。
開封して1ヶ月以上たったハイドロキノンは酸化している可能性があり、酸化したハイドロキノンを肌に使うと肌に刺激を与えて肌トラブルを引き起こすので、保存と期限は徹底する必要があります。

そして、初めて使用する人へは必ずパッチテストを行なうように呼び掛けています。
これは、ハイドロキノン自体が肌の漂白剤と言われるほど強力な美白成分なため、同時に肌への負担も大きいということです。

そのため、まず自分の肌に合うのかどうかを確かめてから使用しなければ、炎症やかぶれ、ヒリヒリした刺激といった様々なトラブルの原因になってしまいます。
パッチテストの方法としては、腕の内側にハイドロキノンを塗り24時間様子を見て何事もなければ使用しても大丈夫でしょう。

また、ハイドロキノンを使用する際には使用期間にも十分注意する必要があります。
ハイドロキノンの副作用のひとつとして白斑というものがあります。白斑とは肌の色素が抜けてしまうことで、肌が必要以上に白くなってしまうことです。

1~4%以内の低濃度のハイドロキノンであっても、1年以上長期にわたって同じ個所に使い続けていると、色素が抜けて白斑になってしまう可能性があります。

そのため使用は1年以内と期限を決めて、シミが薄くなったら使用を止めるなどしてうまく使うことが大事です。

また、ハイドロキノンを日中塗ったら必ず日焼け対策を怠ってはいけません。
これは濃度に関係なく、ハイドロキノンの特徴としてメラニンが作られるのを抑制することから、紫外線対策を徹底しないと軽い火傷のような状態になってしまうからです。

こうして注意点だけが並ぶと怖い印象のハイドロキノンですが、それでも数多くの女性に人気を集め、楽天リアルタイムランキングでは1位を総なめするほどの実力です。
効果を感じる方が多く、副作用を感じる方が少ないのでしょう。

透肌美活 プラスキレイは、「プラスピュアVC25」という、肌全体を明るくする、ビタミンC入りの美容液があります。
美白と、年齢肌の悩みに!

「プラスナノHQ」とセットで使うと点と面で肌に作用します。

初回であれば、セットで、楽天より公式サイトの方が安く買えますよ^^

正しく使用することによって、諦めていたシミにしっかり働きかけ美白を手に入れることができるので使用方法を正しく守って使うようにしましょう。

最近、ハイドロキノンが成分のコスメは数多く発売されています。
ファンケル ホワイトニング お試しなどもありますね。


bihaku-cosme

美白肌に良いとされている食べ物は?

最近肌がくすんできた…
乾燥しやすくなった…

このようなお肌の悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。
年齢を重ねるごとに肌の保湿力、明るさは衰えていきます。放っておくとシワやシミが目立つようになり、一気に老け顔に…。

そうならないためにも今からくすみの予防と対策をしっかりとっていきましょう!
ここでは“くすみ”のとり方や予防法、また肌を明るくするオススメの化粧品をご紹介します。

肌のくすみを解消するには?予防と対策

bihaku-cosme

そもそもくすみの原因とは何かご存知ですか?
くすみは年齢による肌機能の低下だけが原因ではありません。
くすみをなくすためにも、まずは原因を知ることから始めましょう。

くすみの原因

◆血行不良
顔の血行が悪いと血色が悪くなることから顔全体が暗くくすんで見えてしまいます。

◆乾燥
肌が乾燥してカサカサとしたツヤのない状態になり、それが原因で顔がくすんで見えてしまいます。

◆メラニン
日焼けをすると肌の中のメラニンが増えます。
このメラニンが肌に定着してしまうと顔全体が黒っぽくなり肌がくすんで見えてしまいます。

上記のことを踏まえてくすみをとる対策をしていきましょう。
肌を明るく保つためにするべき対策には次のようなものがあります。

◆湯船に浸かる
入浴は血行を良くするのに非常に効果的です。
シャワーだけではなく、なるべく毎日湯船に浸かってしっかりと体を温めることをおすすめします。
体全体の血の巡りが良くなると、顔の血色も良くなってくすみが目立ちにくくなります。

◆適度な運動をする
体を動かすことも血行を良くするのに効果的です。
ハードな運動をする必要はありません。
近所を散歩する、通勤を徒歩にするなど、普段取り入れやすいものから始めてみましょう。
続けることで顔全体の血の巡りも良くなり肌色が明るくなります。

◆保湿をしっかりする
くすみの原因である乾燥を防ぐため、毎日の保湿ケアは丁寧に行いましょう。
乾燥を感じる場所には化粧水を重ねづけする、浸透力の高い化粧水を選ぶなどして常に潤いを保てるようにしましょう。

◆正しい方法で洗顔をする
洗顔する時に強くこすり過ぎると肌に傷をつけて乾燥をひどくさせてしまいます。
洗顔料を良く泡立ててなるべく皮膚に手の摩擦が加わらないようにしましょう。
またクレンジングする時や洗顔後タオルで拭く時などもこすり過ぎないように注意が必要です。

◆日焼け対策をしっかりする
メラニンを生成させないために、紫外線対策は徹底しましょう!
日焼け止めクリームや日傘、帽子などをうまく活用して紫外線になるべく当たらないことが大切です。

◆肌を綺麗にする食事をする
特にビタミンは意識して摂取するようにしましょう。
肌を綺麗にしてくれる効果があります。
また肌に悪い食生活を見直すことも効果的です。
お酒や油っこい食事が多いと肌を老化させくすみもひどくさせてしまいます。

食べ過ぎてしまった時は、サプリも良いです。
大人のカロリミット お試し価格で買えますよ。

肌のくすみをとる食べ物とは?

血行不良” “乾燥” “メラニン”この3つの原因にアプローチして肌のくすみをとる食べ物をいくつかご紹介します。

緑黄色野菜

ブロッコリー、パプリカなど色の濃い野菜にはビタミンCが豊富に含まれています。
ビタミンCは肌の潤いを保つコラーゲンを作る材料になります。
またシミやくすみを予防して肌を明るくさせる効果もあります。
ただし熱に弱いので生で食べられるものはサラダなどそのままで食べるのがオススメです。

鶏肉・大豆製品

肉類、魚類などに含まれるたんぱく質もコラーゲンの生成に欠かせない栄養素です。
肌にハリを持たせくすみを和らげる効果があります。
ただし脂質を多く含むものは血液をドロドロにしてしまうので食べ過ぎには注意が必要です。
鶏肉や大豆製品は脂質も少なく高たんぱくなのでおすすめです。

トマト

トマトに含まれるリコピンという成分がメラニンに働きかけシミやくすみを解消してくれます。
紫外線を多く浴びる季節は積極的に食事に取り入れましょう。リコピンはスイカにも多く含まれています。

豚肉・まいたけ

これらにはビタミンB群が豊富に含まれます。
ビタミンBは皮膚や粘膜を健康に保つほか、血行を促進させる効果もあり、くすみを軽減するにはぴったりの栄養素です。
他にも卵、大豆製品、玄米にも豊富に含まれます。

ナッツ

ナッツ類にはビタミン・ミネラルが豊富に含まれている他、血液をサラサラにしてくれる効果もあります。

アボカド

“食べる美容液”と呼ばれるほどの美肌食材です。
体の老化を防ぐビタミンE、良質な油分を含みます。
ビタミンEは他にカボチャ、たらこ、ナッツ類にも含まれています。

肌のくすみをとる化粧品は?

化粧品のケアも大切です。

くすみを取るには「ハイドロキノン」とビタミンC,セラミドが有効とされています。

敏感肌にはサエルの化粧水がおすすめ!

敏感肌は外部からの刺激を受けやすい状態です。
そのため紫外線も浸透しやすくメラニンの生成される量も多くなるためシミやくすみができやすいといえます。

そんな敏感肌にお悩みの人には敏感肌専用の美白化粧品“サエル”がおすすめですよ!
メラニンの発生や定着を防ぐ美白効果に加えて、外部の刺激から肌を守るバリア力も徹底されています。
また通常のセラミドの4倍もの浸透力をもつ“セラミドナノスフィア”という成分が乾燥しやすい肌をしっかりと保湿してくれます。

日々の習慣でくすみのない明るい肌に!

毎日の生活習慣やスキンケアがシミやくすみのない綺麗な肌を作ります。
特に普段の食事が与える肌への影響は非常に大きいものです。
何でもバランスよく食べることが大切ですが、その中に意識して美肌食材を取り入れていきましょう。

またどんなスキンケア用品を使うかというのもとても大切です。
メラニンへのアプローチも今からしておくことで5年後10年後の肌に差がつきます。
アンプルールもビーグレンもサエルもトライアルセットが用意されていますので、肌に合うかどうか心配な人はまずそちらから購入されることをお勧めします。

くすみが気になっている人、いつまでもハリのある若々しい肌を保ちたい人はぜひ試してみてくださいね。

bihaku-cosme

美白化粧品の気になる成分について

bihaku-cosme

美白化粧品に入っている様々な成分、「見てもどんなものだかよく分からない」なんてことありますよね。
何となく使っているけど、効果や何なのかが分からないってちょっと不安だったりしますね!!

そんな美白成分について分かりやすく見て行きましょう!!

美白 成分 アルブチン

アルブチンはハイドロキノンにコケモモや梨等の植物成分やブドウ糖を結合させたものです。
刺激が強いと言われるハイドロキノンをマイルドにしているため、お肌への負担が少なく、美白効果が高いと言われています。
この成分はメラニンが活性化する原因になる酵素チロシナーゼを抑えてくれるんですよ!

アルブチンにはαアルブチンとβアルブチンの2種類があります。

βアルブチンはウワウルシ・コケモモ・ナシなどの葉に含まれている天然の成分です。

αアルブチンは江崎グリコが独自開発した、ハイドロキノンとブドウ糖から
作られている成分です。

一般的に多く使われているのはβアルブチンですが、
αアルブチンの方が美白効果が高いとされていて、最近よく使われているんですよ!!

お菓子で有名なグリコがこんなものも開発していたなんて驚きですね!

美白 成分 フラーレン

さて、お次はフラーレンです。
あんまり聞いた事のない方もいらっしゃるのではないでしょうか?
実はこれ、最近美容関係者の間で大注目されている成分なんです。

ダイヤモンドと同じ炭素だけで構成される成分で、発見者は何とノーベル化学賞を受賞しているんですよ!

フラーレンは抗酸化力が高くて、何とビタミンCの172倍と言われているんです。
お肌の酸化は老化と結びついていて、シミやくすみの原因となります。
酸化を防ぐのはアンチエイジングの基本なんですね!

フラーレンは抗酸化力が高い上に、その他の成分よりも、持続性と安定性に優れているそうなんです。
脂溶性と水溶性の2種類があり、それぞれ片方が入っている、両方が入っているで
3種類のマークがついています。
2種類がバランス良く配合されている物がおススメですよ!

化粧品を買う時にはマークをチェックしてみてくださいね!

美白 成分 トラネキサム酸

トラネキサム酸は「名前は聞いた事がある」と言う方も多いのではないでしょうか。

トラネキサム酸は元々医療で使われている大切な成分です。
アミノ酸の一種で抗炎症・抗アレルギー効果があり、止血効果まであります。

最近では肝斑にも効果がある事が分かり、治療にも使用されています。
色んな効能がある成分なんですね!!

美白効果としてはメラニンの生成を抑えてそばかすを防いでくれるそうです。
紫外線を浴びるとメラニンを作り出す細胞「メラノサイト」から周りの細胞に「メラニンを作れ」と信号が出ます。
この信号の伝達をブロックする働きがあると言われています。

長く医療現場で使われていただけあって、安全性が高く、
安心して使える成分です。

但し、先ほど書いたようにトラネキサム酸には止血効果もあるので、別の病気や怪我等で止血薬を飲んでいる際には使うと、血栓が出来やすくなると言われているので注意して下さいね!!

止血薬として使われている「トロンビン」は胃薬として使われることもあるそうです。
また、心臓・血管系の病気や脳血栓等の傾向がある人も危険があると言う事なので、
心配な方は薬剤師の方に相談してみてくださいね!

美白 成分 ハイドロキノン

ハイドロキノンは「お肌の漂白剤」とも言われ、医療用としても使われている美白成分です。
今までの物質のようにメラニン生成を抑制するだけでなく、
メラニンを作り出す細胞である「メラノサイト」自身を減少させてしまいます。

美白効果は絶大なのですが、その分副作用もあり、また、成分そのものが熱や日光に弱いので扱いが難しいと言われています。

副作用としては肌の炎症や白斑を起こす可能性があるそうです。
特に高濃度ハイドロキノンの使用や1年以上の長期間の使用はリスクがあると言われていますので、使う時は気をつける必要がありますよ!!

また、ハイドロキノンはメラノサイトを減少させてしまいますが、メラニンは元々紫外線から肌を守るために肌を黒くするため、紫外線に非常に弱くなります。

そのため、ハイドロキノン使用時は普段よりもしっかりと日焼け止めをし、紫外線対策に気を配る必要がありますよ!!
家の中でも光が入るので要注意だそうです。

ハイドロキノンは効果は非常に高いのですが、使う人もそれなりの注意が必要になる成分です。
使用期限自体も短く、冷暗所で保管して1カ月程度で使いきる必要があるそうです。

ハイドロキノンを使う時には、
1、まずはパッチテストで肌に合うか試してみる、
2、出来てしまったシミのみに塗る、
3、シミが薄くなってきたら塗るのを止める
等の使い方がおススメです!!

出来てしまったシミには効果が高いと言われていますよ!!

とは言え、効果が期待できて人気の成分「ハイドロキノン」です。

美白 成分 ヨクイニンエキス

ヨクイニンエキスはハトムギ由来のエキスで、イボの治療で有名な成分です。
ウィルス性のイボに効果があると言われていて、
サプリメントを飲んだらイボが取れた!なんて口コミもよく目にします。

そして最近ではイボだけでなく、美肌効果にも注目が集まっているんですよ!!

元々ヨクイニンは漢方薬でも使われていて色々な効果があると言われているんです。
例えば、炎症作用や鎮痛作用があり、滋養・強壮剤としても使われてきました。

そんなヨクイニンには皮膚の再生や保湿、消炎に効果があると言われています。
肌のくすみの原因となるお肌の乾燥や微弱炎症を改善してくれるそうです。

また、肌細胞に蓄積されたメラニンを排出してくれるので、出来てしまったシミを改善してくれるとも言われていますよ!

植物由来の成分で作られているので、安全性は高いそうですが、
妊娠中の方は注意と言われていますので、お医者さんに相談してみてくださいね!

美白 成分 プラセンタエキス

プラセンタエキスは有名なので聞いた事のある方も多いのではないでしょうか。
飲んだり塗ったりするほかに、「プラセンタ注射」も有名ですね!

プラセンタは哺乳類の胎盤から栄養素を抽出したエキスの事です。
胎盤には胎児に必要な栄養分や免疫力を高める成分がたっぷり含まれているため、プラセンタにはホルモンバランスを整えたり、病気への抵抗力や抗炎症作用を高めたり、細胞の働きを活性化させたり、と様々な効果があるんですよ!!

プラセンタにはメラニン活性化の原因となる、チロシナーゼの働きを抑制する効果があると言われています。
また、抗炎症作用活性酸素除去作用が肌のくすみを押さえてくれますよ!

そして一番は何と言っても肌を活性化し、ターンオーバーを正常化してくれる事です。

元々ターンオーバーが正常ならメラニンは排出されるのですが、加齢によりターンオーバーが乱れるとメラニンがちゃんと排出されず、
くすみやしわが出来やすくなります。
プラセンタには細胞活性化の作用があるため、ターンオーバーが正常化し、新しいお肌がきちんと作られるようになり、
肌が若返ると言われているんですよ!

一般的には原液を体内に直接入れるプラセンタ注射が一番効果が高いと言われていますが、ドリンクやサプリ等でも改善したと言う報告があります。
お肌の改善だけでなく、肩コリや疲労が改善したと言う人もいるそうですよ!
さすが、万能成分ですね!

美白 成分 アスタキサンチン

アスタキサンチンは富士フィルムのアアスタリフトで有名になった美白・美肌成分ですね!
赤い色素の成分で抗酸化作用があり、その効果はビタミンCやアルブチンよりも高いと言われています。
アスタキサンチンは鮭や鯛、エビ、カニ等に含まれていて、加熱すると赤い色になるのが特徴ですよ!

抗酸化作用がお肌の老化に効果がある事は先ほどもお話ししましたが、
実はアスタキサンチンのすごさは抗酸化作用が高いことだけではないんです。

例えば、ビタミンEやβ-カロテンも抗酸化作用があるのですが、
この二つは働く場所が決まっていて、
ビタミンEは細胞膜の内側で、β-カロテンは細胞膜の中心部分で働きます。
両方バランス良く摂らないと上手に働いてくれないんですね!

それに比べてアスタキサンチンは細胞膜の内側、中心と両方で効果を発揮するんです。

また日焼けによる色素沈着も防いでくれます。これが美白作用。

しかも美容だけでなく、脳や眼精疲労にも効果があると言われていて、
老化全般に効果があるそうです!!
コレステロールの酸化にも効果があり、動脈硬化を防ぐと言われているので
健康に不安がある人にもおススメですよ!

まとめ

美白化粧品には様々な成分が使われています。
自分の生活環境や体調、飲んでいる薬などと関連するケースもありますので
使う際は注意していきたいですね!
「美白+アンチエイジング」目指して頑張りましょう!

bihaku-cosme

ハイドロキノン配合化粧品は本当に安全で効果あるの?(皮膚科の先生に聞いたよ!)

美白効果の化粧品成分と言えば、ハイドロキノン。
濃いシミなど、皮膚科に行っても、まずハイドロキノンを処方してくれます。

本当に効果が期待できるから、化粧品としても成り立つのでしょう。

効果があるから皮膚科でも処方されるのか?も含めてハイドロキノンの効果と安全性のお話し。
それに投稿ですが、実体験で皮膚科で聞いたお話を載せておきます。

気持ちの面でお役にたてると幸いです。

ハイドロキノン配合化粧品の効果は?そもそもどんな成分?

bihaku-cosme

ハイドロキノンとは『肌の漂白剤』と言われるほど美白効果の高い美白成分で、いちご類やコーヒー、紅茶といったとても身近なものに含まれている天然成分です。

今では様々な化粧品にハイドロキノンが配合されるようになり、一般に知られるようになりましたが、2001年の薬事法改正までは医療機関でしか使用することができない成分でした。

しかし、なぜシミにはハイドロキノンと言われるのかというと『改善』『予防』『即効性』といった3拍子が揃っているからです。

その美白効果は、ビタミンCやアルブチンなどの数十倍と言われており、ハイドロキノンはシミ・くすみを予防するだけではなく『既に出来てしまったシミ・くすみを取り去る働きもある』のが大きな特徴で、『肌の漂白剤』と言われている理由です。

有名なビタミンC誘導体もシミを消してくれますが即効性が低く、他の美白成分は『予防』はしてくれても『改善には効果がない』といったことから、ハイドロキノンが最も優れた美白成分と言えます。

効果的なシミの種類として肝斑・そばかす・日光黒子・炎症後色素沈着があります。

◆肝斑とは30~40代の女性に多く見られ、左右対称に現れるのが特徴です。ホルモンバランスの乱れやストレス、紫外線のダメージなどが原因とされています。

◆そばかすは、遺伝的な物だと完全に消すことはできませんが薄くすることは可能です。

◆日光黒子は、紫外線や肌の老化が原因で起こり、老人性色素斑とも言われています。

◆炎症後色素沈着とはニキビ跡、虫刺され跡、かさぶたの跡といったものがあげられます。

◆そしてシミではありませんが乳首やデリケートゾーン、ワキの黒ずみにもハイドロキノンが使われています。

ですが、これだけ即効性と効果が高いと言われますが、それだけ肌への負担も大きいので使用の際に注意して欲しいのが、『濃度』『管理』『使用方法』です。

濃度は、1~3%だと副作用が少なく安全だと言われており一般的に化粧品にも使われる濃度です。4%以上になると医療機関で使用される濃度で、肌トラブルや副作用の影響を受ける可能性が高くなります。副作用として赤みやヒリヒリした刺激、かぶれなどがあり、濃度の低いハイドロキノンでも副作用が出る可能性はあるので、必ずパッチテストを行ないましょう。

★次に管理ですが、ハイドロキノンは光・熱・酸素に弱く酸化しやすいため開封後は冷蔵保存もしくは冷暗所で保管し、1ヶ月以内を目安に使い切りましょう。もし茶色く変色していたら酸化している証拠なので速やかに処分してください。

★使用方法は、洗顔直後は刺激が強すぎるので必ずスキンケアの一番最後に使用することが大事です。
また、塗るときは綿棒などで塗ると衛生面も保てますし、指や余計な個所に付着して色抜けしてしまうことを防ぐことが出来ます。

★また、日中ハイドロキノンを使ったら必ず紫外線対策を徹底します。
ハイドロキノンはメラノサイト(メラニンを作る細胞)を破壊することで日焼けやシミの原因であるメラニンが作られるのを防ぐため、日焼けをしない代わりにダイレクトに紫外線のダメージを受けて火傷のようになったりシミが濃くなったりするので、必ず紫外線対策をしましょう。

このように美白効果の高いハイドロキノンですが、使用するなら3%以内の低濃度なものを上手に使って美白していくようにしましょう。

化粧品に使われているハイドロキノンの安全性は?

シミを消したいならハイドロキノンを使いましょう!と数々の雑誌でも紹介されるほど美白効果が非常に高いハイドロキノンですが、ハイドロキノンは実際安全な美白成分なのでしょうか?

やはりお肌に使うものなので、美白効果が高くても安全でなければ使うのを躊躇してしまいますよね。

ハイドロキノンは『肌の漂白剤』と言われるほど美白効果が強く、そして濃度が高いほど即効性が高いため『濃度が高い=即効性が高い=イイモノ』といったイメージがあります。
ですが、安全にハイドロキノンを使うためには正しい使い方をしなければ様々な肌トラブルを引き起こし、場合によっては逆にシミを濃くしてしまったり白斑を引き起こしたりしてしまいます。

では、安全にハイドロキノンを使うにはどういったことに気を付けた方がいいのでしょうか。まず一番最初に確認して欲しいのは濃度です。
濃度が高ければ高いほど即効性も高くなりますが、同時に安全性に関しても濃度が低い物よりも気を付ける必要があります。

ハイドロキノンの副作用として、肌の色が抜けてしまう白斑、炎症、かぶれ、刺激、シミの悪化といったものがあります。こういった副作用は1~3%以内の濃度であれば起こりにくい副作用だと言われているので、安全に使用することができます。ですが4%以上の高濃度になってくると副作用が起こりやすく、シミを消すどころか逆に肌トラブルを引き起こしてしまう可能性が高くなります。

そのため、4%以上の高濃度なものは医療機関で医師の指導によって処方されるレベルになっていますが、正しく使用すればしっかりシミを消すことができます。

しかし、大して肌が弱くない女性でも濃度によっては副作用を起こしてしまうほどのハイドロキノンです。
濃度が低ければ敏感肌といった肌が弱い女性でも安全に使用することはできるのでしょうか?

まず濃度ですが、肌が弱くない女性でも濃度が高いと刺激を感じてしまったり赤く炎症を起こしてしまったりなど、副作用を起こしやすいですので敏感肌の方はまず避けた方がいいと言えます。

では低濃度だと大丈夫なのかというと、これに関しては個人差がどうしてもあります。
1~3%以内の濃度であれば副作用の心配が少なく安全だと言われていますが、敏感肌の女性でも刺激を感じず使うことができたといった声もあれば、やはりピリピリ感を感じたといった声もあります。

ですので、敏感肌でも使ってみたいということであれば、即効性は低くなりますが1%~2%以内のハイドロキノンを選んでまずはパッチテストをしてみることをおススメします。それで問題がなければ、肌の状態と相談しながら使ったり使用を休んだりしながら使ってみるといいでしょう。

また、妊娠中はホルモンバランスが乱れやすいためシミが急に出てきたりする女性が多いです。そのため、シミに対するケアをしたいといった女性は多いかと思います。

ですが、結論から言うと妊娠中にハイドロキノンを使うのはおススメできません。

ハイドロキノンはシミの原因であるメラニンのもととなるメラニサイトという細胞に働きかけることによってメラニンが作られるのを防ぎ、メラノサイトを減少させることで美白効果を出しています。

ですが、妊娠中というのはお母さんが摂取したものが赤ちゃんにそのまま行きます。ハイドロキノンはメラノサイトを減少させる成分ですので、細胞を増やして体を作っていってる段階の赤ちゃんにとっては、ハイドロキノンによって必要な細胞を作られないようにしているような状態になるので使用は避けた方がいいです。

低濃度のハイドロキノンであれば、副作用も少なく人体に影響を及ぼすほどのものではありませんが、やはり大事な時期だからこそ赤ちゃんを優先して出産・授乳が終わるまでは安全第一で、ハイドロキノンの使用は避けましょう。

美白効果が高いハイドロキノンですが、安全第一を忘れないように正しく使用しましょう。

適正に使って、シミが薄くなったり、肌が明るくなったりするのはうれしいですね。
テンションも上がって、気持ちの上でも向上できれば、その気持ちが肌にも良い影響を与えてくれますよ。
(ストレスも肌に良くないですから)


テンションも上がって、気持ちの上でも向上できれば、その気持ちが肌にも良い影響を与えてくれますよ。
(ストレスも肌に良くないですから)

ハイドロキノン化粧品にした経緯 シミの悩みで皮膚科の対応!

・42歳の主婦の体験談を載せます。

肌質は色白できめ細かい方で、10代から20代までは肌を褒められることが多かったです。
お肌のお手入れは念入りだったと思います。

19歳の頃から紫外線が肌の老化にとても関係しているとデパートの化粧品売り場の美容部員さんから教えてもらってからは
一年中毎日欠かさず日焼け止めを塗って過ごしていました。
肌の老化は紫外線を防ぐこと。止めることはできないけれど可能な限り遅くしたいと思い、美白のサプリメントなども摂っていました。

独身の頃は、基本的に実家住まいだったので、お給料のほとんどは自分のお小遣いとして使えるため、気になる美容液やサプリメントはほとんど試していました。
20代でシミができることはほとんど無いことなので、お手入れを熱心にしてもしなくてもシミがなくて当然だったと思います。

30歳で妊娠したのですが、5ヶ月頃から右のこめかみに直径2~3ミリくらいのシミが出現しました。
「ホルモンバランスが原因でシミができやすいみたいだけど、出産したら消えるんだって」と友人から聞いたので、消えることを期待して過ごしていましたが、出産しても消えることは無く、どんどん大きくなってきたのです。

初めて見付けてから12年、シミは1センチを超えてしまいました。
メラニン色素は周囲のメラニン細胞も騒がせてどんどん広がるものだそうです。

残念ながら、専業主婦になってしまったので独身の頃のように化粧品やサプリメントにお金をかけることが難しいながらも、とにかく洗顔と保湿で代謝を促してメラニン色素の排出をスムーズにさせれば消えるのではと思い、実践しましたが効果はありませんでした。

マルチビタミンのサプリメントも摂ってみたのですが、こちらも残念ながら効果は無く、むしろここ数ヶ月でシミが両頬の高い場所にもモヤモヤと出始め、レーザーで簡単に消せるならと考えるようになり、子供が通っている皮膚科で聞いてみました。

レーザー治療を受けたことがある知人は「照射して少し経ったらシミは消えたけど、数年経つとまた同じところに出てくるよ」
と言っていたのですが、どうしても気になっていたので詳しく聞いてみたかったのです。

ですが、
「レーザーを照射しても85%の人は効果があってシミが消えるけれど、15%の人には逆に濃くなってしまうケースがあり、照射は一度しかしないので濃くなっても手を打つことができない」と言われました。
また「照射後は3~4日後に診察があるけれど、それまでは24時間軟膏を塗ってガーゼなどで保護しなくてはいけないこと」さらに「その診察後も軟膏を塗り続け、日焼け止めは3時間くらいに一度塗りなおすように徹底的に紫外線からガードしなければならない」などの説明を受けて、ちょっと自分には難しいなと思ってしまい諦めました。

上記の対応は、私が行った皮膚科だけかもしれません。
他の皮膚科でシミをレーザー照射したことがある友人は、消え方が甘いシミには3回くらい照射してくれて、24時間ガーゼを貼るなどはしなくて良いと言われたと言っていたので、その医師によって見解は違うと思います。

肌の表面に出る前のシミ予備軍をなんとかする美白化粧品は市販で色々ありますが、肌の表面に出てしまったシミを無色化するのは、ハイドロキノンしかないと知り、今は皮膚科でハイドロキノンクリームを出してもらって使用しています。
ハイドロキノンの配合量は、5%位だそうです。

ピンポイントでシミに使っていますが、次第に薄くなってきました(^^♪

これだったら、ハイドロキノン入りの化粧品でも、効果あるのかな?って思います。
肌のくすみも明るくしたいし…となると顔全体に塗ることになるし。

レーザーも、確率的に少し不安だし。
だったら、いちいち病院に行かなくても通販で購入できるし。

化粧品の、一つの手段だと思います。

という皮膚科と化粧品に関しての私の見解でした。

ハイドロキノンのまとめ

いかがでしょうか?

ハイドロキノンは、皮膚の漂白剤と言われるくらいに効果が期待できる成分です。

普通に濃度を気にしながら使っていけば問題なさそうです。
皮膚科は、患者さんのことわかって使ってくれると思うので、安心して使えますが、気になることがあったらどんどん伝えるべきだと思います。

また化粧品に含まれるハイドロキノンは、「安全でしょう!」という基準で濃度を押さえていますので、まずはパッチテストをしてから、大丈夫と確認してから使うのが良いと思います。
ほんのまれにピリピリと刺激がある場合がありますので、そんな時は中止して皮膚科に相談しましょう。

bihaku-cosme

体の内側からのWケアで肌を明るく見せる方法!

bihaku-cosme

夏が終わってやれやれ…と鏡を見たら自分の肌にびっくり!なんて事ありませんか?
ちゃんとケアしていると思っていても、夏の日差しは厳しくて
自分で思っているよりもずっとダメージを受けているんです。

夏の日差しにくすんでしまった肌を明るく見せたい!!元に戻したい!!
肌の内側からと化粧品を見ていきましょう!

肌を明るく見せる方法は?

肌を明るく見せるためには色んな方法があります。

まずは「手っ取り早く肌を明るく見せたい!」と言う方におススメなのはファンデーションの色を変える事
とはいえ、肌がくすんでいるのに合わない明るい色をただ塗るのはダメ。
下地に使っているクリームやファンデーションを普段より明るめにするのがおススメです。
パール入りの物にするのもおススメですよ!
パール入りの場合全体に使うのではなく、目の下やTゾーン等くすみが目立つ所につけましょう。

その後パウダーファンデーションを薄めに重ね塗りすると、自然なメイクになりますよ!
首の色と比べて不自然になっていないかチェックするのも忘れずに!

但し、これはあくまでも応急処置です。
メイクで誤魔化していても、肌の質を改善しなければ何時まで経っても地肌はくすんだまま…。
メイクを落としたらドッキリ!なんて嫌ですよね!!
頑張って地肌からきれいに戻していきましょう!

そもそも肌がくすんでしまうのは、ターンオーバーが上手くいっていない証拠なんです。
ターンオーバーが正常なら、多少のくすみは消えてしまうので、まずはターンオーバーの正常化を考えましょう!!

ターンオーバーが乱れる原因にはいくつかあります。

まずは血流です。
クーラーによる冷え等で血流が悪くなると、細胞に必要な栄養素が行きわたらなくなり、ターンオーバーが乱れてしまいます。
この場合適度な運動半身浴などで血流を良くすると、ターンオーバーが正常に戻ると言われていますよ!

また、糖分の多い食事ばかり取っていると体の中でタンパク質と糖がくっついて、お肌がくすむ原因となります。
糖化というのですが、甘いものだけでなく、炭水化物中心の食事ばかり取っていると血液の中に無駄な糖分がたくさんある状態になってしまい、起こりやすくなるそうですよ!!

バランスの良い食事を心がけましょう!
食事の前にサラダなどを食べるようにすると、糖分の吸収を抑えられるそうなので、食べる時に気をつけてみてくださいね!

そしてお肌のターンオーバーを正常にする一番の方法はきっちりスキンケアをする事です。
特に気をつけなければいけないのが乾燥です。
お肌が乾燥すると、角質層のバリア機能が壊れて外部の刺激がお肌の奥底まで届いてしまいます。

刺激が届くと微弱炎症を起こして、新しいお肌の層がダメージを食らってしまうと言われているんです。
まずはしっかりと保湿して、お肌のバリア機能を回復させるのが重要です。

今摂っている食事や、使っている化粧品や使い方など、体の内側と外側から見直してみましょう!

肌を明るくするのは内側(食事)から!

お肌を明るくするためには体の内側からもできることがあります。
普段から食生活にも気をつける事が大切です。

でも、一口に食生活と言っても人様々。
「食生活を改善しろって言うけど、具体的にどんな物を食べたらいいの?」と
悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

まずは自分の食生活を見直してみましょう。
麺類ばっかり、お肉ばっかり、揚げ物ばっかり等偏った食事になっていませんか?

特に一人暮らしだと簡単だからという理由でパスタや丼ものが多くなりがちです。
こういった物は炭水化物を取りすぎるので要注意ですよ!

反対にダイエットばかり気にして、野菜しか食べない、なんていうのも良くありません。

お肌のためにはどんな食べ物を摂ったらよいのか見て行きましょう!

タンパク質

タンパク質はお肌だけでなく、体を構成する大事な要素です。
でも実は「ダイエットしてるからお肉は食べない」って言う人も多かったりします。
これは実は要注意なんですよ!

「お肉の代わりに大豆製品を摂ってるから大丈夫」と言う方もいらっしゃると思いますが、実は植物性タンパク質だけだと、体に必要な栄養素が全部は摂れないんです。
大豆で安心せずに、お肉やお魚もしっかり食べましょう。

だからと言って動物性たんぱく質ばかり摂ると太ってしまうので、
バランスよく摂るように気をつけてみてくださいね!

タンパク質はこんなものによく含まれていますよ!

動物性タンパク質…牛肉、豚肉、鳥肉、卵、チーズ、あじ、さけ、牛乳など
植物性タンパク質…大豆、じゃがいも、お米、味噌

2つをバランスよく組み合わせて食べましょう!
1:1で食べるのが一番良いと言われていますが、ダイエット中の人は動物性たんぱく質が30%以下になるとアミノ酸のバランスが崩れるそうなのでその辺を限界としてみてください。

ビタミンC

お肌に必要なコラーゲンはアミノ酸が分解して作られます。
そしてコラーゲン生成に必要なのがビタミンCなのです。

でも実はビタミンCは水に溶けやすく、一度にたくさん取ると吸収されずに尿と一緒に排泄されてしまうんです。
そのため、毎回食事の際にタンパク質と一緒に摂ると良いとされていますよ!

ビタミンCはこんなものにたくさん含まれています!

パプリカ、レモン、ゆず、柿、芽キャベツ、ゴーヤ

ビタミンCは熱に弱いので、サラダやデザートとして食べたりお肉と一緒にさっと炒める等の調理法がおススメですよ!!
お肉を調理した後にレモンで味付けするのも良いですね!!

ビタミンB2

ビタミンB2にはお肌の新陳代謝を高める働きがあるんです。
お肌のくすみはターンオーバーが乱れる事が原因なので、しっかり摂って行きましょう!

ビタミンB2はこんな食べ物に良く含まれていますよ!

レバー、焼き海苔、アーモンド、トウガラシ

レバーには鉄分もたくさん含まれているので、血流改善にも役立ちますし、動物性たんぱく質もしっかり摂れるので
おススメの食べ物です!!

リコピン豊富なトマト

トマトにはリコピンが豊富に入っています。
肌の老化を防ぐ「抗酸化作用」があります。これはかなり強力と言われています。
ビタミンEのほぼ100倍・βカロティンの倍以上あるといわれています。

食生活の改善は「気長に」がポイントです。
あまり厳しく律しすぎず、普段の食事でちょっと気をつける、食べ過ぎたりバランスが崩れたらその都度調整する、位の方が続けやすいです。

健康のためにも普段からちょっとずつ気を配っていきましょう!

肌を明るくしてくれる化粧品は?

さて、食事の改善と同時にしっかりやっておきたいのがスキンケアです。
若いころは適当な化粧品でも十分ケア出来たのに、
最近は頑張ってもなかなかお肌が明るくならない…なんていう事ありますよね。

でも化粧品を変えると言っても種類が多すぎて分からない、そんなアナタにおススメなのはこちらの化粧品です!!

アンプルール

肌のくすみと言えばコレ!と言う位有名な化粧品です!
なんとNHKでも紹介された事がある位なんですよ!!

美白化粧品に良く使われているハイドロキノンは美白効果はとても高いと言われています。
同時に量が多いと副作用が出たり、光や熱に弱かったりしてとても扱いが難しい成分なんです。

アンプルールはこのハイドロキノンを特殊な物質で安定化させ、「新安定型ハイドロキノン」を完成させました。
アンプルールのラグジュアリーホワイトシリーズにはこの成分が独自配合されているんです!!

この成分は出来てしまったシミを薄くしてくれ、
さらにメラニンの生成も抑えてくれるんです!
スポット美容液のモニター調査では何と平均23%もメラニンが減少したそうです!

まさに安心で美白効果の高い化粧品と言えますね!

ビーグレン

ビーグレンも美白化粧品ではとても有名ですね!
ビーグレンはアメリカの会社で、2014年にはビーグレン中央研究所を設立し、
独自の技術開発を進めているそうです!

ビーグレンの QuSomeホワイトローションは
ハイビスカス花発酵液やヒアルロン酸等、お肌にいい成分がたくさん入ってます。

またビーグレンは有効成分をしっかりお肌の奥底まで届けるという「浸透深度」にこだわっていて、
「QuSome」という独自技術を持っているんです。
この「QuSome」成分は何と直径70~150nm。
このカプセルがしっかりお肌に留まって美肌成分を届けてくれるんです!

また、独自開発した進化型ビタミンC成分の「Q(VTC)( QuSome化ビタミンC)」が配合されていて
透明感のあるお肌を作ってくれるそうですよ!

短期間で効果が出た!という口コミもたくさんあります!

リピート率、98,9%!これはすごいです。

サエル

サエルはポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランド、ディセンシアの美白化粧品です。
ポーラ化粧品が研究を重ねて作った美白成分がたっぷり入っていて、美白効果が高いだけでなく、お肌にも優しい嬉しい化粧品です。

ディセンシアはメラニン発生のメカニズムを研究し、紫外線がお肌に当たってから、体の中で実際にメラニンが形成され、お肌の表面をくすませる所まで、全ての段階でブロックがかかるように美白成分を配合しているんです。

しかも入っているのは植物由来の物ばかり。
例えばメラニンの黒化を予防するムラサキシキブ果実エキス、デイリリー花発酵液、
微弱炎症を抑えるコウキエキス等です。
また、シミの予防に優れたアルブチンも入っていて、これもまたコケモモや梨、ウワウルシ等から作られていますよ。
お肌が弱い人にも安心です。
さすが、敏感肌の専門ブランドですね!!

サエルはローション、美容液、クリームの3種類。
10日間使えるトライアルがあるので、是非試してみてくださいね!!

アンプルール、ビーグレン、サエルは通販専用化粧品なので、
なかなか店頭で気軽に試す事が出来ませんが、
どれもトライアルセットがあり、2000円弱で気軽にお試し出来ます。

今回は詳しくご紹介しませんでしたが、他にもファンケル モイストリファイン お試しが1000円であります。

迷ったらぜひ試してみてくださいね!!

肌を明るくするまとめ

お肌のダメージは放っておくとますます深刻化してしまいます。
食事の改善に運動、スキンケア…
まずはどれかやりやすい物からでも始めてみませんか?

無理にならない範囲で続けるのが改善のコツです!!
ダメージ前のお肌に戻していきましょう!

bihaku-cosme

顔の美白で気に入った化粧水と乳液は何?

bihaku-cosme

女性の永遠のテーマである「保湿」と「美白」。綺麗なお肌のための鍵ですよね。この2つはとっても大切なポイントです。
保湿ができている肌ってプルプル、もちもち。
美白ができている肌って、綺麗でなんとなく色気を感じる。

そんな2つ、一度にできたら嬉しいと思いませんか?女性にとって嬉しいこの2つ、どうしても手に入れたいものでもあります。私もほしいですもの!
そこで今回は「顔の保湿と美白を一緒にできるかどうか」についてお話させていただきます。
2つ兼ね揃えたお肌、手に入れちゃいましょう!

顔の保湿と美白を一緒にできますか?

さて、本当に顔の保湿と美白は一緒にできるのでしょうか?
答えは、できるんです!

保湿もしながら美白もできるなんて、忙しい女性にとっては嬉しいことばかりですよね。
そのための方法ってどうしたらいいのでしょうか?

そのためには、保湿成分も美白成分も両方とも入っているスキンケア用品を使えばいいんです!

実際、私自身が使っているスキンケア用品には両方の成分が贅沢に入っているんです!お手軽で楽チンなので、面倒くさがりの私でも続けることができています。

それでは早速そのスキンケア用品に入っている成分から詳しくお話していきますね。
美白化粧品とは美白成分がきちんと入っているものを指します。ただ「ホワイト◯◯」といった名前や、なんとなくの雰囲気で選んでしまった経験はありませんか?そういった商品の中には美白成分が入っていないこともあるので、よく確かめて買うことをオススメします。

美白成分と一口に言ってもたくさんの種類があります。
その中でも厚生労働省に認められたものがあります。それがカモミラETという成分。ハーブから取り出されたエキスです。この成分はお肌の代謝を高めて、ターンオーバーの周期を理想通りのものに治してくれる働き。さらにメラニンが増えるのを抑えるという働きがあります。

ちなみにこのカモミラETという成分は医療機関である美容皮膚科でも使われているもの。お肌にやさしくかぶれにくく、アンチエイジング効果もあるんです。美白をしながらアンチエイジング、素敵ですよね。

そして美白成分をしっかり活かすには、実は保湿がとても大切なんです。お肌の中に水分がきちんと入っていないと美白成分が浸透しないんです。これじゃせっかく美白成分が入っているものを使っても肌に潤いが無くてその栄養を吸収できなんてもったいないですよね。

保湿成分で代表的なものは「セラミド」「グリセリン」といったもの。特にセラミドは最強の保湿成分と言われているほど効果が高いんです!せっかくならこれらの保湿成分もたっぷり入ったものを使いたいですよね。

この成分たちがたくさん入っているものが美白も保湿もかなえてくれるスキンケア商品ということになります。私が使っているのはそんな贅沢な商品。しかも香りもやさしくて、見た目も可愛いんです。女性にとって手に取った時にテンションが上がるということ、大切ですよね。
そのスキンケア製品について次の章で詳しくお話していきますね。

化粧水で保湿と美白ができるおすすめは?

第1章でお話した、化粧水で美白も保湿もできるオススメなスキンケア商品をご紹介しますね!

それは「ソフィーナ ボーテ 美白化粧水」です。真っ白なボトルにお花が立体的にレイアウトされていて、とっても可愛いんです。ボトル自体も丸みを帯びていてやさしい雰囲気。

この化粧水、「しっとりタイプ」と「とてもしっとりタイプ」があります。乾燥肌の方にとっては嬉しいですよね。夏でもクーラーとかで乾燥しちゃいますもん。四季に応じて変えられるのはポイント高いですよね!

この化粧水、たくさんの成分が入っています。まずは「保水向上成分」というもの。細胞の深いところまで潤いを満たしてくれるというものです。セラミドは細胞を整列させて水分をキープしてくれるのに対して、保水向上成分は水分自体を増やす働きをしてくれるんですね。結果的に肌も潤い、保湿効果がばっちりということです。

そしてL-アスコルビン酸という、ビタミンCの中でもとっても効果の高い成分が入っているんです!
第一章でお話したカモミラETはこの化粧水には入っていません。なぜかというと、お電話で確かめたところ、成分上の問題でカモミラETは乳液にしか入れることができないからだそうです。

カモミラETの代わりに入っているのがでもこのビタミンCであるL-アスコルビン酸。メラニンができるのを抑えてシミ・そばかすを防いでくれます。メラニンが顔全体に広がるとくすみの原因にもなってしまうので、L-アスコルビン酸、優等生です!

これらが入っているソフィーナ ボーテ 美白化粧水、優秀ですよね。
保湿と美白は切っても切れない関係なんですね。保湿ができている=肌の土台ができているということ。この保水向上成分があるからこそ肌が潤い、L-アスコルビン酸のおかげで美白ができるということです。

このソフィーナ ボーテ、使い心地もとってもいいんです。しっとりしているのにべたつかず、化粧水自体が瑞々しいというか。肌に馴染んで染み込んでいく感じがします。おすすめです。

美白の前に、ニキビが気になるっていう方なら、ファンケル アクネケア お試し価格の1000円で買えますよ。こちらもお得です。

美白で保湿できる乳液は?

第2章では保湿と美白ができるソフィーナ ボーテの化粧水についてお話しました。
第3章ではソフィーナ ボーテの乳液についてご説明します。

ソフィーナ ボーテの乳液、3つの種類があるんです。季節、肌の状態、朝夜でわけられているんです。それらに共通するのは「うるおい」です。どの乳液にも潤い成分がたっぷり入っているんです。たっぷりの潤い成分はもちろん、美白有効成分もたくさん入っているのでご安心ください!

まずは保湿成分からご説明させていただきますね。
保湿するために大切な潤い成分、「セラミド」。このセラミド、ソフィーナ ボーテの乳液にちゃんと入っています

冒頭でも少しお話しましたが、セラミドについてもう少しご説明しますね。
セラミドという成分は、「最強の保湿成分」と言われているほど保湿効果の高い成分。細胞と細胞のすき間を埋め、細胞同士を繋ぎます。そしてその間に入り込んできた水分を逃がさず、キープする役割をしてくれるんです。だから「最強の保湿成分」と呼ばれるんですね。

そして美白有効成分である「カモミラET」。
第一章でも少し触れたカモミラET、厚生労働省も認めている美白成分のひとつなんです。医療機関である美容皮膚科でも使われているものです。お肌にやさしくかぶれにくく、なんとアンチエイジング効果もあるんだとか。
シミ・そばかす・くすみの素であるメラニン。カモミラETは紫外線などを浴びた時に「メラニンを作れ!」と、ある成分が指令を出した時にその情報が届くのを邪魔します。この邪魔をすることでメラニンが作られるのを抑えられるんです。

そしてこのカモミラET、いろんなホワイトニング製品にも使われているほどの実力の持ち主なんです。カモミラET、とっても心強い味方です。
そしてもうひとつカモミラETには働きがあります。それは炎症を抑えてくれるというもの。ニキビケア専門のスキンケア商品に使われることもあるくらい、効果が期待できるんです。

私も毎日使っていますが、肌が潤おうのを感じます。朝までしっとりなんです。
たくさんの成分が贅沢に入ったソフィーナ ボーテの乳液。その効果はとっても絶大です!

顔の美白と保湿が同時にできる化粧水のまとめ

保湿と美白についておわかりいただけたでしょうか?美白をするためには保湿をすることが大切だということ。そのわがままな願いを叶えてくれるのがソフィーナ ボーテのスキンケア商品だということです。

今回、化粧水と乳液、お互いが相乗効果になっていることがよくわかりましたよね。だから一般的には「スキンケア用品は同じラインで揃えた方がいい」と言われるのでしょうね。
ソフィーナ ボーテはとっても使い心地が良くて、私もずっと愛用しています。その使い方、使い心地、効果、香りなど詳しくはまた次の機会にお話させていただきます!