美白肌に良いとされている食べ物は?

最近肌がくすんできた…
乾燥しやすくなった…

このようなお肌の悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか。
年齢を重ねるごとに肌の保湿力、明るさは衰えていきます。放っておくとシワやシミが目立つようになり、一気に老け顔に…。

そうならないためにも今からくすみの予防と対策をしっかりとっていきましょう!
ここでは“くすみ”のとり方や予防法、また肌を明るくするオススメの化粧品をご紹介します。

肌のくすみを解消するには?予防と対策

bihaku-cosme

そもそもくすみの原因とは何かご存知ですか?
くすみは年齢による肌機能の低下だけが原因ではありません。
くすみをなくすためにも、まずは原因を知ることから始めましょう。

くすみの原因

◆血行不良
顔の血行が悪いと血色が悪くなることから顔全体が暗くくすんで見えてしまいます。

◆乾燥
肌が乾燥してカサカサとしたツヤのない状態になり、それが原因で顔がくすんで見えてしまいます。

◆メラニン
日焼けをすると肌の中のメラニンが増えます。
このメラニンが肌に定着してしまうと顔全体が黒っぽくなり肌がくすんで見えてしまいます。

上記のことを踏まえてくすみをとる対策をしていきましょう。
肌を明るく保つためにするべき対策には次のようなものがあります。

◆湯船に浸かる
入浴は血行を良くするのに非常に効果的です。
シャワーだけではなく、なるべく毎日湯船に浸かってしっかりと体を温めることをおすすめします。
体全体の血の巡りが良くなると、顔の血色も良くなってくすみが目立ちにくくなります。

◆適度な運動をする
体を動かすことも血行を良くするのに効果的です。
ハードな運動をする必要はありません。
近所を散歩する、通勤を徒歩にするなど、普段取り入れやすいものから始めてみましょう。
続けることで顔全体の血の巡りも良くなり肌色が明るくなります。

◆保湿をしっかりする
くすみの原因である乾燥を防ぐため、毎日の保湿ケアは丁寧に行いましょう。
乾燥を感じる場所には化粧水を重ねづけする、浸透力の高い化粧水を選ぶなどして常に潤いを保てるようにしましょう。

◆正しい方法で洗顔をする
洗顔する時に強くこすり過ぎると肌に傷をつけて乾燥をひどくさせてしまいます。
洗顔料を良く泡立ててなるべく皮膚に手の摩擦が加わらないようにしましょう。
またクレンジングする時や洗顔後タオルで拭く時などもこすり過ぎないように注意が必要です。

◆日焼け対策をしっかりする
メラニンを生成させないために、紫外線対策は徹底しましょう!
日焼け止めクリームや日傘、帽子などをうまく活用して紫外線になるべく当たらないことが大切です。

◆肌を綺麗にする食事をする
特にビタミンは意識して摂取するようにしましょう。
肌を綺麗にしてくれる効果があります。
また肌に悪い食生活を見直すことも効果的です。
お酒や油っこい食事が多いと肌を老化させくすみもひどくさせてしまいます。

食べ過ぎてしまった時は、サプリも良いです。
大人のカロリミット お試し価格で買えますよ。

肌のくすみをとる食べ物とは?

血行不良” “乾燥” “メラニン”この3つの原因にアプローチして肌のくすみをとる食べ物をいくつかご紹介します。

緑黄色野菜

ブロッコリー、パプリカなど色の濃い野菜にはビタミンCが豊富に含まれています。
ビタミンCは肌の潤いを保つコラーゲンを作る材料になります。
またシミやくすみを予防して肌を明るくさせる効果もあります。
ただし熱に弱いので生で食べられるものはサラダなどそのままで食べるのがオススメです。

鶏肉・大豆製品

肉類、魚類などに含まれるたんぱく質もコラーゲンの生成に欠かせない栄養素です。
肌にハリを持たせくすみを和らげる効果があります。
ただし脂質を多く含むものは血液をドロドロにしてしまうので食べ過ぎには注意が必要です。
鶏肉や大豆製品は脂質も少なく高たんぱくなのでおすすめです。

トマト

トマトに含まれるリコピンという成分がメラニンに働きかけシミやくすみを解消してくれます。
紫外線を多く浴びる季節は積極的に食事に取り入れましょう。リコピンはスイカにも多く含まれています。

豚肉・まいたけ

これらにはビタミンB群が豊富に含まれます。
ビタミンBは皮膚や粘膜を健康に保つほか、血行を促進させる効果もあり、くすみを軽減するにはぴったりの栄養素です。
他にも卵、大豆製品、玄米にも豊富に含まれます。

ナッツ

ナッツ類にはビタミン・ミネラルが豊富に含まれている他、血液をサラサラにしてくれる効果もあります。

アボカド

“食べる美容液”と呼ばれるほどの美肌食材です。
体の老化を防ぐビタミンE、良質な油分を含みます。
ビタミンEは他にカボチャ、たらこ、ナッツ類にも含まれています。

肌のくすみをとる化粧品は?

化粧品のケアも大切です。

くすみを取るには「ハイドロキノン」とビタミンC,セラミドが有効とされています。

敏感肌にはサエルの化粧水がおすすめ!

敏感肌は外部からの刺激を受けやすい状態です。
そのため紫外線も浸透しやすくメラニンの生成される量も多くなるためシミやくすみができやすいといえます。

そんな敏感肌にお悩みの人には敏感肌専用の美白化粧品“サエル”がおすすめですよ!
メラニンの発生や定着を防ぐ美白効果に加えて、外部の刺激から肌を守るバリア力も徹底されています。
また通常のセラミドの4倍もの浸透力をもつ“セラミドナノスフィア”という成分が乾燥しやすい肌をしっかりと保湿してくれます。

日々の習慣でくすみのない明るい肌に!

毎日の生活習慣やスキンケアがシミやくすみのない綺麗な肌を作ります。
特に普段の食事が与える肌への影響は非常に大きいものです。
何でもバランスよく食べることが大切ですが、その中に意識して美肌食材を取り入れていきましょう。

またどんなスキンケア用品を使うかというのもとても大切です。
メラニンへのアプローチも今からしておくことで5年後10年後の肌に差がつきます。
アンプルールもビーグレンもサエルもトライアルセットが用意されていますので、肌に合うかどうか心配な人はまずそちらから購入されることをお勧めします。

くすみが気になっている人、いつまでもハリのある若々しい肌を保ちたい人はぜひ試してみてくださいね。