透肌美活しませんか?ハイドロキノン配合のプラスキレイ

bihaku-cosme

プラスキレイで取り扱っているハイドロキノンクリームは、医療機関でも取り扱われる4%濃度のハイドロキノンが配合されています。

一般的に1~4%であればお肌に対する刺激や副作用の心配がなく、安全に使うことができる濃度だと言われており、一般の化粧品にも配合されている濃度になっています。一方4%以上になると高濃度なため、肌への刺激や副作用が起こりやすいとされています。

しかし、高濃度なハイドロキノンでも正しく使用していけば、シミを撃退するのにとても重宝するアイテムになります。

透肌美活 プラスキレイでは、4%という高い濃度での配合になっているため使い方に関する注意喚起が徹底されています。
ハイドロキノン配合の「プラスナノHQ」はピンポイントで使う化粧品です。

ハイドロキノン自体が熱・光・酸素に対して不安定な成分なため、開封後は冷暗所で保管し1ヶ月を目安に使い切るように呼びかけています。
開封して1ヶ月以上たったハイドロキノンは酸化している可能性があり、酸化したハイドロキノンを肌に使うと肌に刺激を与えて肌トラブルを引き起こすので、保存と期限は徹底する必要があります。

そして、初めて使用する人へは必ずパッチテストを行なうように呼び掛けています。
これは、ハイドロキノン自体が肌の漂白剤と言われるほど強力な美白成分なため、同時に肌への負担も大きいということです。

そのため、まず自分の肌に合うのかどうかを確かめてから使用しなければ、炎症やかぶれ、ヒリヒリした刺激といった様々なトラブルの原因になってしまいます。
パッチテストの方法としては、腕の内側にハイドロキノンを塗り24時間様子を見て何事もなければ使用しても大丈夫でしょう。

また、ハイドロキノンを使用する際には使用期間にも十分注意する必要があります。
ハイドロキノンの副作用のひとつとして白斑というものがあります。白斑とは肌の色素が抜けてしまうことで、肌が必要以上に白くなってしまうことです。

1~4%以内の低濃度のハイドロキノンであっても、1年以上長期にわたって同じ個所に使い続けていると、色素が抜けて白斑になってしまう可能性があります。

そのため使用は1年以内と期限を決めて、シミが薄くなったら使用を止めるなどしてうまく使うことが大事です。

また、ハイドロキノンを日中塗ったら必ず日焼け対策を怠ってはいけません。
これは濃度に関係なく、ハイドロキノンの特徴としてメラニンが作られるのを抑制することから、紫外線対策を徹底しないと軽い火傷のような状態になってしまうからです。

こうして注意点だけが並ぶと怖い印象のハイドロキノンですが、それでも数多くの女性に人気を集め、楽天リアルタイムランキングでは1位を総なめするほどの実力です。
効果を感じる方が多く、副作用を感じる方が少ないのでしょう。

透肌美活 プラスキレイは、「プラスピュアVC25」という、肌全体を明るくする、ビタミンC入りの美容液があります。
美白と、年齢肌の悩みに!

「プラスナノHQ」とセットで使うと点と面で肌に作用します。

初回であれば、セットで、楽天より公式サイトの方が安く買えますよ^^

正しく使用することによって、諦めていたシミにしっかり働きかけ美白を手に入れることができるので使用方法を正しく守って使うようにしましょう。

最近、ハイドロキノンが成分のコスメは数多く発売されています。
ファンケル ホワイトニング お試しなどもありますね。