ハイドロキノン配合コスメで透明感のある肌を目指す!

bihaku-cosme

白化粧品には「ハイドロキノン」を使っている化粧品が多いです。
他の美白成分より、優れている点があるからです。

たくさんのハイドロキノン配合の化粧品がある中、人気の2つの化粧品を取り上げます。
トライアルセットもあって、試してから本製品を購入できる利点があるからです。

ホワイトニングケアにはハイドロキノンが使われています。
ただ、このハイドロキノンは、欠点があります。

 濃度が高いと、肌に刺激がある。
 酸化しやすいので、持ちが悪い。
 肌に浸透しづらい

でも、肌の専門家がそこの所しっかり研究して、刺激や酸化に対応し、ケアできる美白化粧品がこの2つの化粧品です。

ハイドロキノン配合の化粧品は、人気を2分する「ビーグレン」と「アンプルール」です。

リピート率が98.5%というリピート率のビーグレン

医学会が認定したテクノロジー「「QuSome®」(2016年10月13日 日本先端医療医学会認定(Charged Qusome)

何を使っても効果を感じない方がたどりつくのが「ビーグレン」

ハイドロキノンで悩みを解消しましょう。

公式サイトご覧になるのが早いのですが、簡単に説明します。

 ハイドロキノンは紫外線をブロック
 紫外線トラブルに働きかけてくれます
 トラブルの原因に働きかけてくれます。

この問題点を、ビーグレンだけの特許「QuSome」が解決します。

・QuSome(キューソーム)

肌に刺激を感じず、肌バリアを通過して角層の奥まで成分(ハイドロキノン)が浸透します。
それは髪の毛の太さの1/500サイズのカプセルに成分を包み込みます。
極小カプセルなので、肌の奥まで浸透することができ、長時間とどまり、効果を持続させる働きがあります。

ホワイトニング、トライアルセットは5ステップの化粧品です。

ホワイトニング、トライアルセットは5ステップの化粧品です。

クレイウォッシュ(洗顔剤):これ使い心地が良いです。泡立ての洗顔料ではありません^^泥っぽいです。でも使い心地は感動ものです。

QuSomeローション(化粧水):潤いの化粧水です。

Cセラム(美容液):この「Cセラム」もビーグレンの売りです。高濃度のビタミンCが、は札に吸い込まれていきます。

QuSomeホワイトクリーム1.9(夜用クリーム):ハイドロキノン配合の夜用クリームです。

QuSome モイスチャー リッチクリーム(クリーム):紫外線トラブルに働きかけます。

「ホワイトニング、ビーグレン」をつい買ったレビューなど、「ビーグレン」とは?知りたい方は、公式サイトもいいかも!

ビーグレンは、雑誌にもたくさん取り上げられています。これは安心?

今あるシミにアンプルール!「シミにグッバイ」

肌の専門家、高瀬聡子氏が開発した美白化粧品です。

マイクロカプセルで、新安定型ハイドロキノンを包み、時間差でメラニンを攻撃します。

肌への刺激対策:
新安定ハイドロキノンをマイクロカプセル化し、損踏力とそのスピードをコントロールしながら、メラニンまで運びます。
時間差で、一気に肌に触れないようにしているために、肌刺激も提言しています。

「ハイドロキノン」
は「アルブチン」などの美白成分の10~100倍の効果があると言われています。

しかし、「刺激」「酸化」「浸透」などの不安定な状態を安定化し、お肌の刺激も少ない画期的な成分が、この「新安定型ハイドロキノン」です。

「ハイドロキノン」は強い!というイメージがありますが、天然で身近の、「イチゴ類」「麦芽」「紅茶」などにも含まれているそうです。

アンプルールには2つの美容液があり、「夜専用ケア」の「ラグジュアリーホワイト コンセートレートHQ110」と「朝・夜ケア」の「ラグジュアリーホワイト 薬用アクティブフォーミュラⅡ」があり、顔全体を24時間徹底美白!で、透明肌に持って行きます。

「ラグジュアリーホワイト 薬用アクティブフォーミュラⅡ」は、2014~2016年、3年連続の、モンドセレクション金賞を受賞しています。

メディアの露出900回以上も掲載されているそうです。

さああなたはどっち!